【実家の間取りを知る】本当に実家の間取りを知っていますか?

[`evernote` not found]

実家の調べ方について、
お伝えしていますが、
 
本日は、

「実家の間取りを知る」ことについて

お伝えしたいと思います。
 
 
◯実家の場所を知る。
 
◯実家があるエリアの概要を知る。
 
◯登記内容を知る。
 
◯間取りを知る。→今日はここ!
 
◯価格を知る。
 
 
 
実家の間取りなんか知ってて当たり前!
 
と思うかもしれませんが、
 
本当にあなたは、
実家の間取りを知っていますか?
 
 
 
例えば、あなたのご実家は、
 
リビングや子供部屋が何帖あるのか?
 
窓はお隣と向かい合わせになっていないか?
 
庭先はお隣と何mくらい距離があるのか?
 
などなど、分かりますか?
 
 
 
こうした間取りを知ることは、
実家をどう活用するか?を考える上での
ポイントになってきます。
 
 
 
例えば、
住宅を障がい者向けグループホームへ
利用したい場合、
 
最低4人の入居者で、
一人一部屋を確保しなければならないので、
個室が4部屋なければなりません。
 
 
 
また、民泊などに利用したい場合、
お隣との接近具合や窓の位置などで、
プライバシーや音の問題になることも
十分あり得ます。
 
 
 
要するに、
単純に建物の広さだけでなく、
 
間取りによって、
できること、できないことがあるわけです。
 
 
 
そのために、
間取りの詳細は知っておきたいのです。
 
 
 
実家の間取りを
細かくは覚えてはいないかもしれませんが、
 
覚えている限りで構わないので、
実家の間取りを書き出してみることを
お勧めします。
 
 
 
次回は実家の間取りを書き出すための、
ちょっとしたコツをお伝えしますね。