【弁護士相談】トラブルになるその前に、早め、早めの相談を。

[`evernote` not found]

本日は朝から、
弁護士事務所へある相談にいってきました。
 
 
 
「弁護士」というと、仰々しく、
構えてしまいそうですが、
 
私のビジネスパートナーであり、
週一回は合っていて、
「日本一敷居の低い弁護士」と自称しています。
 
 
ソフトで話しやすく、かつ、
依頼者に満足のいく対応で定評があり、
私が一押ししている弁護士です。
 
 
 
今回は、土地の賃貸についての相談で、
行ってきましたが、
 
今までの経過を伝え、今後の対応について、
まずはアドバイスを頂いてきました。
 
 
 
弁護士というと、
大きなトラブルや事件が起こってから、
出番が来るようなイメージですが、
 
そうしたトラブルを未然に予防することも、
弁護士の大切な業務でしょう。
 
 
 
今日の相談も、弁護士に意見を仰がず、
当事者同士で話を進めても、
きっと解決はしないだろうし、
 
逆に感情的になって、
収集がつかなくなってしまうことも
十分あり得ます。
 
 
 
実家の問題もまさに同じで、
兄弟だから、家族だからと、後回しにして、
結果、収集のつかない事態に
落ちてしまうこともあり得ることです。
 
 
 
弁護士に依頼する費用も、
ことが大きくなればなるほど、
多額になりますから、
 
できる限りトラブルを未然に防ぐのが、
最善の選択でしょう。
 
 
 
今回の相談に限らず、
私は実際の実家の売却や賃貸にあたっても、
 
少しでも心配なことがあれば、
弁護士や必要な専門家に相談し、
 
その心配を払拭して、実務にあたっています。
 
 
 
あなたは、
弁護士に相談したことはありますか?
 
 
 
もしトラブルの予兆があって、
自分で解決できなさそうな事態になり得ると
直感的に思ったら、
 
躊躇しないで、
弁護士に相談してみてくださいね。