【総務省統計発表】過去最高の日本の高齢者割合・高齢者数で、これからさらに心配になる問題点とは?

[`evernote` not found]

昨日、敬老の日にちなんで、
 
総務省統計局から、
以下の高齢者についての
統計資料の発表がありました。
 
 
◉統計からみたわが国の高齢者
 ー「敬老の日」にちなんでー

 → https://www.stat.go.jp/data/topics/topi1210.html
 
 
・高齢者の人口
 総人口が減少する中で、
 高齢者人口は3588万人と過去最多
 総人口に占める割合は28.4%と過去最高

 → https://www.stat.go.jp/data/topics/topi1211.html

 
 ※総務省統計局HPより
 
 
 
資料を見てみると、
日本の高齢者人口の割合は、
世界の上位10カ国の中で、
ダントツの1位、
 
2040年には、高齢者人口割合は
35.3%になるとの予測が出ていました。
 
 
 
人口減少、少子高齢化と言われ、
久しくなりましたが、
 
 
 
今から約20年後、
つまり私が70歳になる頃には、
 
3人に1人以上の割合で、
高齢者がいるということになります。
 
 
 
想像できますか?
 
 
 
今よりさらに高齢者が増えるのです。
 
 
 
都市部であっても高齢者が目立つ今、
さらに多くなるわけで、
 
高齢者に関わる問題解決も
多くなってくるのです。
 
 
 
このブログのテーマである、
 
 
「実家をどうするのか?」
 
 
というのも、
その解決すべき大きな問題です。
 
 
 
ではもっと具体的に、
人口減少、少子高齢化になると、
どんな問題があるのか?
 
 
 
人によって、
いろいろな見方があると思いますが、
私は以下の3つの問題点を挙げてみました。
 
 
1、家や公共施設の用途や仕様を
  高齢者向きに
  変えなければならない。
 
 
2、高齢者の需要にあった家や施設を
  増やさなければならない。
 
 
3、人口が増えていった時に、
  今の高齢者が建てたり買ったりした
  家や土地が余る。
 
 
 
1、2は、
 
「今ある建物を高齢者仕様にする」
 
ということになりますが、
 
 
3の「家や土地が余る」ことへの対策は
どうすればいいのでしょうか?
 
 
 
それが今日本で抱えている
最大の問題なのですが、
 
私が考える基本的な考え方を
次回はお伝えしますね。