実家の空き家対策の「手順」を考えてみよう。

[`evernote` not found]

6月も中盤を過ぎ、
お盆休みの予定も
そろそろ決まって来る時期に
なってきましたね。
 
 
 
実家に帰省する予定を
立てられている方も多いこの時期、
 
実家をこれからどうしようか?
身内で話し合う人も
多くいることでしょう。
 
 
 
毎年8月のお盆時期になると、
「実家の大問題」を特集した
書籍やネット記事を多く見かけます。
 
 
 
まさにお盆休みに帰省する人向けに
実家のこれからについて
メッセージを送っているわけですが、
 
 
帰省した時に、いきなり
「これから実家をどうする?」
と切り出しても、
話が急に進むものでもありません。
 
 
 
身内の状況や
空き家についての予備知識、
関係者の意向など、
 
確認したり、調べたりすることも
多くあるはずです。
 
 
 
要するに、
実家の活用を具体的に考え、行うための
「手順」があるわけです。
 
 
 
このブログでは、
実家の空き家対策に関わる知識や事例、
ニュースや考え方など、
お伝えしていますが、
 
 
今一度、
実家の空き家対策の行うための
「手順」について、
お伝えしていきたいと思います。
 
 
 
来月7月には改正相続税法が施行、
 
今年10月には消費税増税、
 
来年2020年7月には
東京オリンピック・パラリンピック開催、
 
 
2022年には生産緑地解除期限
 
などなど、
 
 
不動産を取り巻く
様々な出来事がこれから目白押しです。
 
 
 
これから実家をどうしようか?
 
を考えるにあたっても、
 
少なからず影響もあることでしょう。
 
 
 
実家の活用方法をこれから考えていく
「道しるべ」になるよう、
 
わかりやすく、
お伝えしていきたいと思います。