空き家バンクのチェックポイント①〜物件明細は全て掲載されていますか?〜

[`evernote` not found]

空き家バンクに掲載されている
物件詳細には、
細々な内容が掲載されています。

 
所在地、交通、土地・建物面積、築年数
といった誰もが見てわかることから、

用途地域、都市計画、建ぺい率・容積率
といったやや専門的なことまで、
様々な項目があります。

 
 
 
これらの内容は、
空き家バンクを運営している会社が
勝手に決めているのではなく、
法律で定められている
掲載必須の項目です。
 
 
言い換えれば、
最低限これらの項目を記載すれば、
「一般消費者も物件についての
 一定の判断ができるでしょう」
という項目です。
 
 
 
したがって、
物件明細に
記載されている項目は、

全て掲載すべきです。

不動産業者に売却を依頼すれば、
これらの項目は全てわかるはずです。
(ただし調査をしても、
 築年数など不明な場合もあります。)

 
3d88d385a011c68dba71941b3b294dc1_t.jpeg
 
 
逆にいうと、
これらの最低限のことが書かれていないと、
『この物件大丈夫なの?」とか
「ちゃんと調べているのかな?」といった
物件の信頼度にも繋がります。
 
 
実家を売却される際は、
これら項目の内容を
理解することも大切ですが、

まずは全ての項目を
埋めることに専念しましょう。

 
 
 
以下、掲載項目について、
これだけは知っておきたい
内容を記載しておきます。
 
◯徒歩表示は
 1分=80mで表記されています。
 例えば「駅から徒歩10分」であれば、
 「駅から約800mの距離がある」
 ということになります。
 
 
◯土地面積に「公簿」
 記載されていることがあります。

 これは登記情報(登記簿)に
 記載されている面積で、
 実際の測量をしていない面積
 を表しています。

 したがって掲載されている面積よりも
 広い場合も、狭い場合もあり得ます。

 
 
◯建物面積にも「公簿」
 記載されていることがあります。

 建物の場合も
 登記情報に記載された面積を指しますが、
 増築や改築をして、
 実際の建物面積と違う
 
場合があります。

 実際の建物の面積とあっているかどうかは、
 売主に確認するか、
 間取り図でおおよその面積を出して
 確認するなどしてみると良いです。

 ※古い建物は、
 尺貫法で建てられた住宅が多いので、
 比較的長さや面積がわかりやすいです。

 1間(畳の長い辺)
 =1.82m

 半間=(畳の短い辺)
 =0.92m

 1坪=1間×1間
   =1.82×1.82
   ≒3.3㎡

 
 は覚えておきましょう。