相続できる最低限の財産を知っておこう。(遺留分とは?)

[`evernote` not found]

一定の法定相続人には、
最低限保証されている
相続財産の割合があります。

これを遺留分と言います。

例えば、親が亡くなって、
A、Bの2人の子供が法定相続人になるべき
相続財産があったとします。

ところが、遺言で

「全ての相続財産は、
生前大変お世話になったCに渡す」

と記述されていた場合、
A、Bは何も財産を
相続できないわけではありません。

A、Bは最低限の財産を
相続できる権利を持っています。

975050e75205da3b424902e65de5b620_s.jpg

ではその最低限保証されている
財産の割合とはどのくらいなのか?

法律では以下のように定められています。

・法定相続人が直系尊属(親)だけの場合 
 相続財産の1/3

・法定相続人が子、配偶者の場合
 相続財産の1/2

・亡くなった方の兄弟姉妹には
 遺留分はありません。

例えば、
相続財産が1億円あって、
相続人が妻と子供二人だった場合、
遺言で、

「生前大変お世話になったDに
全ての相続財産を渡す」

と記述されていたとしても、
法定相続人である妻と子供二人の分として

1億円×1/2=5000万円

は最低限確保されます。
(この場合は妻と子供二人で、
最低保証分の5000万円分を
分けることになります。)

ただしこの遺留分を主張できるのは
一定の期間があります。
(相続開始から1年。
相続があったのを知らなかった場合は
相続開始から10年)

もしテレビドラマみたいに
後から相続の権利があるとか
言ってくる人が出てきたら、
まずは弁護士や司法書士に
相談した方が良いでしょう。

人生十色、皆様々な人生を送っています。

生前に親の人間関係を
全て把握することは難しいとは思いますが、

親の意思を尊重しつつ、
遺族の間でトラブルがないよう、
相続手続きは行っていきたいものですね。