親が亡くなったら、まず何をしますか?(相続の流れ)

[`evernote` not found]

いつかは訪れる親との別れ。

相続はここから始まっていくわけですが、
親亡きあとの手続きは
無用なトラブルを避けるためにも
知っておきたいものです。

親が亡くなってから
相続財産の取得・相続税納付までの流れは
大まかには以下のようになります。

・親の死亡
 ↓
・葬儀
 ↓
・遺言調査
・相続人調査
・相続財産調査
 ↓
・相続放棄、限定承認手続き等

 ↓
・遺産分割協議
 
・遺産取得手続き(名義変更等)
 ↓
・相続税納付

各項目とも、
詳細な段取りがありますが、
まずは大筋は押さえておきましょう。

8a6dacedfa122992f13ffb0a0644c924_s.jpg

特に押さえておきたいスケジュールは、
次の2つです。

相続税の納税期限】
親が亡くなった日から10ヶ月以内
(税務署)

【相続の放棄・限定承認】
親が亡くなった日から3ヶ月以内
(家庭裁判所)

相続税は原則、
金銭(振込または現金)
納めることになります。

相続財産には、不動産以外にも、
現金、株、船、自動車、会員権、
宝石、美術品、著作権など、

様々なものがありますので、
納付期限までに相続税を
支払うための金策を考える
必要があります。

また相続財産には、
親が生前に借りた借金や
未払いの公共料金・税金
保証人債務などの
マイナス財産も含まれます。

借金やマイナスの財産は相続したくない、
ということであれば
相続自体を放棄するか、
相続する範囲を限定するなどの
方法がありますので、
その申請を家庭裁判所にする
必要があります。

相続の手続きや納税は、
税金のプロである税理士に
依頼する場合が多いです。

しかし、相続財産には
様々な専門家に関わるケースが多く、
特に不動産については、
宅地建物取引士、司法書士、弁護士など
多くの専門家のアドバイスや意見を
必要とします。

税理士、司法書士、弁護士、
宅地建物取引士等は、
横のつながりを持っている場合が多いので、
相続が発生したら相談できる専門家と
今から繋がっておくと良いでしょう。
(相続対策として、親と一緒に
専門家と相談しておくと、なお良いです。)