【実家レンタル】悪質入居者にまき込まれないために。

[`evernote` not found]

実家レンタルは3つの柱で成り立っています。

【実家レンタル】とは?
1、売却を前提とした賃貸活用
2、借主負担によるDIY賃貸借
3、期限を定めた定期借家契約

この3つ目の
「期限を定めた定期借家契約」が、
悪質な入居者対策に効果を発揮します。

どういうことか?

日本の賃貸契約では、
「普通賃貸借」と「定期賃貸借」があります。

下記の記事にも書いてありますが、
定期借家契約は、当初定めた期間が来ると、
賃貸契約が終了する契約で、
貸す側から解約できる点が大きなポイントです。

・賃貸契約「普通」と「定期」の決定的な違い
http://jikka-akiya.com/?p=983

例えば、

・ゴミを家の中に目一杯溜め込み、
 悪臭や害虫などを発生させる。

・粗暴な態度で、
周囲に住む方に迷惑をかける。

・家賃を払わない。 

など、およそ借りる側の不備があっても、
定期借家契約ならば、
期限が来たら貸主から解約ができます。

普通借家契約ですと、
借りる側の権利が強いため、
上記のような借りる側の不備があっても、
貸す側から解約はほぼ難しい状況なのです。

7a8ae198bb0931245eae435184c0e775_s.jpg

従って、貸す側にとって
好ましくない入居者がいたとしても、
定期借家契約では、
一定期間で退去してもらうことができるので、
悪質な入居者対策には有効なのです。

その他悪質・問題行動のある
入居者対しての具体的な対処方法は、
一般的な賃貸契約と同じです。

ここでは特に触れませんが、
様々なケースで、様々な対処方法が
賃貸アパートやマンションを
経営するオーナー様から
事例として上がっているので、
おおよその問題には
対処方法があるはずです。

少なくとも、
実家が好ましくない人に、
いつまでも居座っていられることは
避けられるので、
安心して実家を貸すことが
できると想います。