「実家のある街のため」に、あなたの実家はどうお役に立てられますか?

[`evernote` not found]

本日、私が住む東村山市で、
以下のイベントが開催されました。
 
 
◉社会実験マーケットイベント
『そらいち東村山』
https://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/smph/shisei/machi/machidukuri/higashimurayama_inde/soraichi.html
※東村山市HPより
 
 
 
東村山駅の高架工事が進む中で、
駅周辺の公共空間を活用し、
賑わいを創り出すために、
 
市内の事業者や子育て世代の方々で
企画されたイベントです。
 
 
 
私も行ってきましたが、
イベントに来られた方々の行列もでき、
とても賑わっていましたね。
 
 
 
興味深いお店もたくさんあり、
あらためて地元の力や活気を感じられ、
良かったです。
 
 
 
こうした企画は全国各地で
街興しや地域活性化として、
多く開催されていますよね。
 
 
 
空き家を活用したイベント企画も多く、
空き家は地域活性化になくてはならない
位置付けになってきたようにも感じます。
 
 
 
逆にいうと、
 
空き家が地域活性化に求められている
 
という言い方もできるかもしれません。
 
 
 
あまり使われなくなった公民館や、
廃校になった学校など、
公共施設の活用のほかに、
 
民間の空き家を利用して、
地域に貢献している事例も多くあります。
 
 
 
空き家の実家をどうしようか、、
と自分の事情だけで考えるのではなく、
 
実家がある街のために、
自分の実家がどう役立てるのか?
 
そんな視点から考えると、
自然と、意外と自分の実家をどうすべきか?
見えてくることもあるかもしれませんね。