実家に「住む」デメリットとは?〜2022年4月版〜

[`evernote` not found]

コロナが流行して3年が経ちましたが、
あなたの実家エリアでの状況はどうでしょうか?
 
 
 
コロナが流行り出した頃は、
メディアでは帰省自粛が呼びかけられ、
実家からは帰ってくるなと言われ、
実家に戻りたくても戻れない状況でした。
 
 
 
今のコロナの感染状況は、
その頃に比べ大幅に拡大しているものの、
 
ワクチン接種や社会全体のコロナ対応で、
感染時・前後の対応がある程度明確になり、
移動自粛も大分和らいできました。
 
 
 
テレワークやワーケーションといった
新しいライフスタイルが日常になり、
 
実家を使ったり、実家に住んだりする人も
多く目にするようになりました。
 
 
 
反面、実家に「住む」という考動も、
一昔前とは大きく変わり、
 
メリットが注目されているとともに
新しいデメリットも出てきました。
 
 
 
コロナとオンラインの日常が、
実家に住むのにどんなデメリットを与えるのか?
以下にその一例を挙げてみました。
 
 
 
自身や家族の将来に、
どんなリスクや不安があるのか?
ぜひ考えてみてくださいね。
 
 
 
【実家に住むデメリットとは?】
 〜2022年4月版〜
 
◉地域に溶け込めるか?
 
・近所付き合いがうまくいくか?
 
・妻(夫)に気を使わせる。
 
・コロナの感染リスクで、
 都市部からの移住が歓迎されるか?
 
・テレワーク、ワーケーションの
 ライフスタイルが受け入れられるか? 
 
・一から生活を創っていくことになる。
 
 
◉今と同等の収入の仕事があるか?
 
 
◉今より不便になる。
 お店やサービスが今より少なくなる。
 
 
◉車やガソリン代など、
 新たな生活のための出費がでる。
 
 
◉家が老朽化していて修繕や建て替えが必要。
 
・それほど遠くない時期に
 大きな修繕や建て替えが必要になる。
 
・円安、ウクライナ情勢などで、
 木材など修理や建築の材料が高くなり、
 修繕・建て替え費用が高くなる。
 
・修理や建て替えに必要な材料が
 なかなか手に入らず、
 修繕・建て替え時期が遅れる可能性がある。
 
  
◉引っ越し作業がある。片付けが大変。
 
 
◉今までの人間関係がなくなってしまう。