実家を「DIY賃貸」で貸すと、こんなことができるんです!

[`evernote` not found]

私は古い実家の活用に、
「DIY型賃貸借」を提案していますが、
 
具体的にどんなDIYができるの?
 
といったご質問をよくいただきます。
 
 
 
DIY賃貸は、
借り手の好みをお部屋や家に
反映させることができる賃貸の形です。
 
 
 
DIYできる内容や範囲は、
特段決まっていることはなく、
 
貸し手と借り手の打ち合わせで、
どこまで何ができるのかが決まります。
 
 
 
例えば、
国土交通省から出されている
「DIY型賃貸借のすすめ」
で掲載されている例を紹介すると、
 
 
・棚を設置
 
・押入れを収納スペースに変更
 
・キッチンの扉の変更
 
・造作家具の設置
 
・床、壁、天井の素材の変更
 
・戸襖の撤去
 
・壁紙をかえる
 
 
といった内容があります。
 
 
 
こうしたDIYの事例は、
アパートや賃貸マンションが多いですが、
 
 古い一戸建ての実家ですと、
どんなことができるでしょうか?
 
 
 
いくつか事例を挙げると、
以下のようなことがあります。
 
 
・和式のトイレを洋式トイレに変更する。

・和室を洋室にする。

・床の間を収納スペースに変更する。

・手すりをつける。

・庭を家庭菜園につくる。

・駐車場、駐輪場をつくる。 等
 
 
 
一戸建ての場合は、
アパートや賃貸マンションと違い、
 
室内、室外ともアレンジできる
 
のが大きな特徴です。
 
 
 
外観から自分好みにできるので、
「自分の家」という感覚が大きくなり、
借り手の満足感も高まることでしょう。
 
 
 
使い道がないと考えていた古い実家が、
人のお役に立てられる、
 
 
 
そんな想いで
DIY賃貸を考えてみてくださいね。
 
 
 
国土交通省から出されている、
下記ガイドブックもご参照ください。
 
◉個人住宅の賃貸活用ガイドブッ
http://www.mlit.go.jp/common/001039342.pdf
 
◉DIY型賃貸借のすすめ
http://www.mlit.go.jp/common/001127624.pdf