DIY型賃貸借は「誰のために」お役に立てられるのか?

[`evernote` not found]

昨日は
DIY型賃貸借のベネフィット(利益・効果)
とは、何かについてお伝えしました。
 
 
 
本日は、
そのベネフィットを受けるのは誰か?
について、お伝えします。
 
 
◯サービスの内容
 
◯そのサービスを受けるベネフィット
(利益、効果)
 
◯誰のお役に立てるのか?
(ターゲットの顧客)→今日はここ
 
◯その人はどこにいるのか?
 
 
 
ベネフィットを受けるのが誰か?
 
ということは、言い方を変えると、
 
「誰のためにお役に立てられるのか?」
 
ということです。
 
 
 
ある特定の人に対して、
 
DIY型賃貸借にすることによる
ベネフィットを与えることで、
 
どうお役に立てられるのか?
 
 
 
具体的な例を挙げてみると、
以下の通りです。
 
 
 
・実家をリフォームする予算がない方。
 
 
・遠方に実家がある方。
 
 
・実家をなかなか売却できない方
 
 
・実家を取り壊そうとしている方
 
 
・定期的な収入を得たい方。
 
 
・維持管理ができない方
 
 
・いずれ売るつもりだけど、
 どうしたらいいかわからない方 など。 
 
 
 
いろいろな立場の人がいるとは思いますが、
DIY型賃貸借は、
 
古い実家を相続したけど、
どうしたらいいのかわからない、
アラフィフ世代の方にとって、
 
良い選択肢の一つと私は考えます。
 
 
 
上記に当てはまる方は、ぜひ一度、
 
「DIY型賃貸借で、実家を貸す」
 
という選択肢を考えてみてくださいね。