コロナで相続税も安くなる!?

[`evernote` not found]

今日のネット記事に、
新型コロナウイルスに関連した
「路線価」のことが掲載されていました。
 
 
 
記事によると、
 
新型コロナウイルスの影響で
地価が下がった場合、
 
相続税の計算の元になる路線価を
減額修正できるように検討しているとのこと。
 
 
 
路線価は、
毎年1月1日の価格が
7月1日に国税庁から発表されますが、
 
新型コロナウイルスの影響が大きく出てきた
今年の3月、4月、5月は、
不動産取引にも大きく影響しましたので、
 
減額修正ができるようになるのは、
妥当なことでしょう。
 
 
 
相続税の計算の元になる路線価が減額すれば、
 
当然、
計算される相続税も安くなることになります。
 
 
これは率直に嬉しいところですね。
 
 
 
もちろん、
全ての地域が対象になるわけではありません。
 
 
 
地価の影響を大きく受けるところは、
都市部などの需要があるところですので、
 
こうしたエリアが
相続税減の可能性があるのでしょう。
 
 
 
ただ、2018年に亡くなった方のうち、
相続税の納税対象者は約8.5%とのこと。
 
 
それでも2015年の
相続税の改正前に比べると、
納税対象者数は倍近くになっていますが、
 
相続税がかかる割合は、
それほど多くはないのが現状です。
 
 
◉平成30年分相続税の申告実績の概要 
 https://bit.ly/3euzJFd(国税庁HPより)
 
 
 
 
とはいえ、適切な相続対策をしないと、
相続税がかかってきますし、
 
相続税がかからない不動産であっても、
家を壊したり、片付けたりするのに、
費用がかかる場合も多々ありますから、
 
相続に関わるトータルの費用を
考える必要はあります。
 
 
 
また、
 
「うちは田舎だから
 相続税の心配はないよね」
 
という人も多く見受けられますが、
 
地価が下がらない、
路線課が減額修正されない、ということは、
 
よくいえば現状維持、
悪くいえば、人の動きがないということです。
 
 
 
現状維持は「衰退」に向かっている過程なので、
何かしらの対策はしなければならない状態です。
 
 
 
少子高齢化が当たり前になった時代に、
実家をこれからどうするのか?
 
 
 
路線価減額や相続税減額というワードが、
実家のこれからのことを具体的に考える
きっかけになるといいですね。
 
 
↓路線価の詳細はこちらをご覧ください。
 
◉路線価・評価倍率表(国税庁)
https://www.rosenka.nta.go.jp