マンションの実家を相続したら、「〇〇」しか活用方法はありません。

[`evernote` not found]

実家のマンションを相続した場合の、
活用方法を考えてみますが、
あなたなら、
どんなことが考えられるのでしょうか?
 
14971b10a5be51d27aab5350c8a3bce7_t.jpeg
 
 
 
賃貸マンションやアパートのように、
普通に住居として貸すのが
セオリーのような気がしますよね。
 
 
私も活用するなら、それがベストだと思います。
 
 
民泊や店舗、事務所などのような
活用や利用の仕方はありますが、
管理規約で禁止されていることも
結構あります。
 
 
民泊の新しい法律施行に伴い、
民泊禁止を管理規約に盛り込む
マンションも見かけますし、

またそもそも、多くの管理規約で、
もともとの用途で使用してくださいと
定められています。
 
 
例えば、住居で住んでいたお部屋なら、
「今後も住居として使ってくださいね」
ということが、
管理規約には定められていることが多いです。
 
 
 
ということは、
空いているマンションの実家を活用するなら、
「住居として貸す」
しか基本的に方法論がないのです。

(住居でなければ、
 大々的に事務所とアピールするのではなく、
 ネットビジネスの拠点だったり、
 スモールオフィス的に利用する人は
 よくいますね。)

 
 
「貸す」ということは、
賃貸マンションやアパートと同じ扱いになり、
山のようにある賃貸募集中のお部屋との
競争になるわけです。
 
 
他のお部屋と差別化して、
早く借り手がつけばいいのですが、
つかない可能性も当然あるし、

もしなかなか借り手がつかなければ、
管理費・修繕積立金を
払うだけになってしまいます。

 
 
 
この管理費・修繕積立金も築年数がたてば、
それなりの修繕が必要になりますから、
金額のアップは避けられません。

月々の支払いの他に、
マンションの修繕・維持管理のために、
一時金を要求されることも、
十分考えられます。
 
 
 
相続で受け継ぐということは、
それなりに築年数が経っているわけですから、
今後維持管理にかかる費用は、
遠い未来ではなく、
上がって行く可能性があるでしょう。
 
 
借り手がつかなくて、
管理費・修繕積立金が上がる
可能性があるなら、どうしますか?
 
 
 
私は、
マンションの実家を相続したら、
選択肢は「売る」しかないと
思っています。
 
 
空室が余りに余っている今の賃貸事情や、
上がるのが目に見えている維持管理費
を考えれば、

早く売却して、
近い将来に起こるリスクを
回避する方が得策だと、私は考えます。

 
 
 
その他にも、
「売る」選択肢しかないと考えるのは、
長く不動産売買に携わってきたからこそ、
実感する理由もあります。
 
 
 
それはどんな理由なのか?
 
 
 
続きは明日お伝えしますね。