【移住の受け入れ】買って住むのか?借りて住むのか?それによって受け入れ態勢は異なります。

[`evernote` not found]

昨日は、移住を受け入れる準備には、
 
・実家を住める状態にすること
 
・実家を選んでもらうための告知をすること
 
の2点があることをお伝えしました。
 
 
 
本日は、このうち、
「実家を住める状態にすること」
についてお伝えしたいと思います。
 
 
 
まず、
移住を考えている人の移住方法には、
大きく二つのケースに分かれます。
 
 
 
一つは、家を「買う」場合、
 
もう一つは、家を「借りる」場合です。
 
 
 
一度お試しで移住先に「借りて」住んで、
気に入ったら「買う」パターンもありますが、
 
 
いずれにして
「買う」のと「借りる」のでは、
今後のライフスタイルに大きく関わります。
 
 
 
テレワーク移住ですと、
シゴトをするための移住ですから、
「借りる」方のイメージが強いですが、
 
大手人材会社のように、
「会社ごと移住」ということも
起こっている今です。
 
 
 
定住前提で会社ごと引っ越すことも、
これからもっとあることでしょう。
 
 
 
したがって、移住を受け入れる側も、
 
買って住むのか?、借りて住むのか?
 
のどちらに、または両方に、
対応できるようにしておくことは必要です。
 
 
 
実家の空き家対策としても、
移住者の受け入れは、
実家の活用の大きな選択肢です。
 
 
 
実家を売るにしても、貸すにしても、
移住を考えている人が判断しやすいように、
準備は万全にしておきたいところです。
 
 
 
「実家を住める状態にしておく」ことも、
「売る」と「貸す」では、準備も違います。
 
 
 
では売る場合、貸す場合と、
どんな準備をしておいた方が良いのか?
 
 
 
それぞれについて、お伝えしていきますね。