長生きするのに、実家の修繕どこまでやりますか?

[`evernote` not found]

昨日は、
実家の長生きリスクについて、
事例を挙げてみました。
 
 
 
親とともに、
実家も年月を重ねていきますが、
 
人間と同じように、
家も年月が経つと老いてくるので、
メンテナンスが必要になってきます。
 
 
 
具体的に言うと、
 
「修繕」と「建て替え」になりますが、
 
本日は家の修繕はどこまでやるべきか?
 
考えてみます。
 
 
 
「どこまで修繕すればいい?」
 
と聞かれれば、
 
「不具合なところは全部」
 
というのが、ごもっともな回答でしょう。
 
 
 
何歳になっても、
自分が長く暮らす環境であれば、
良いコンディションを
保っておきたいものです。
 
 
 
日常生活に支障が出る修繕は
言わずとも行うことでしょうが、
 
今やっておいた方が、あとあといいよね、
と思う箇所は、
 
手付かずのままの実家も
多いのではないでしょうか?
 
 
 
例えば、
 
・屋根や壁の塗装、
 
・キッチンや洗面台など、水回り設備の交換、
 
・壁紙や畳などの、張り替えや交換
 
など、緊急ですべきではないことは、
そのままにしておくことが多いですよね。
 
 
 
しかしながら、
まだまだ元気に、長く生活するなら、
ぜひやっておいた方が良い工事です。
 
 
 
今後の生活や医療・介護にかかるお金、
子供世帯との今後の関わり合いなどにより、
 
先に挙げた修繕をするかどうかの判断は、
考えるところでしょう。
 
 
 
 
長生きするからこそ、必要になる修繕に、
どこまでお金をかけることができるのか?
 
 
 
人生100年時代と言われるようになった
今だからこそ、
 
長く住む住環境のことも、
しっかり考えておきたいところですね。