空き家が「会社に頼らない生き方」を応援します。

[`evernote` not found]

今日から多くの会社がシゴト始めでしたね。
 
 
志を持って事を為す「志事」
 
仕えて世の中のお役に立つ「仕事」
 
 
あなたのシゴトはどちらですか?
 
 
 
どちらのシゴトも
とても素晴らしい生き方、働き方ですが、
 
私たち50歳世代は、
「雇用の2020年問題」
にこの働き方は大きく関わってきます。
 
 
 
いわゆる
「団塊世代ジュニア世代」である私たちは、
 
会社でのポスト不足、高額給与などにより、
会社の中でどう扱われるかが、
問われています。
 
 
 
会社で勤め上げる
働き方、生き方もとても素晴らしいですが、
 
上記の理由から、
リストラ対象の筆頭にもなる私たち世代は、
 
会社に頼らない働き方、生き方も
真剣に考えなければなりません。
 
 
 
副業、独立も世の中では当たり前になり、
 
企業側も副業を
進めることも多くなりました。
 
 
 
そんな副業、独立に、
「空き家」は大きく役に立つことでしょう。
 
 
 
空き家が年々増加していく中、
これをチャンスと見て、
空き家でビジネスを始める方は増えてきました。
 
 
 
賃貸住宅、民泊、シェアハウスとして
「貸して収益を得る」
 
オフィスや店舗として、
「事業の拠点とする」
 
のが、大きな空き家の活用方法ですが、
 
 
 
空き家の実家を所有しているなら、
それだけで
 
大きなビジネスチャンスを
持っている!
 
ということです。
 
 
 
多くの不動産投資家や不動産会社が、
わざわざお金を出して
空き家を買ったり、借りたりして
ビジネスを行っています。
 
 
 
空き家を使ったビジネスは、
いろいろなことが考えられます。
 
 
 
リフォーム・リノベーションして
貸したり、利用したりすることはもちろん、
 
 
このメルマガで紹介している
 
「DIY型賃貸借」で、
 
貸す側の費用負担がなく、
賃貸収入を得ることも可能です。
 
 
 
またコミュニティスペースや
自身のオフィスとしても利用できますよね。
 
 
 
会社に頼らない、
これからの人生のために、
空き家の実家は大きな選択肢になります。
 
 
 
今までの社会経験や人脈を十分に活かして、
新しい雇用や需要をつくる立場になる、
 
それも私たち世代に課せられた
大切な「志明」です。
 
 
 
50代世代が「2020年問題」と
問題視されることなく、
 
世の中を引っ張り、
変えていく存在になっていきたい、
 
そう強く、強く願っています。