「困る実家」は相続しない(相続放棄)

[`evernote` not found]

親が亡くなり、相続が発生した場合、
相続人は次の3つのうちの
いずれかを選択できます。

単純承認
相続財産を全て受け継ぐ。

限定承認
プラスの財産の範囲で
 マイナスの財産(借金など)
 を受け継ぐ。

相続放棄
 相続財産を一切受け継がない。

 

↓ 詳細はこちらをご覧ください。
(宮田総合法務事務所HPより)

◯相続の限定承認手続き
http://legalservice.jp/topics/10262.html

◯相続放棄とは
http://legalservice.jp/topics/10261.html

 

・実家を相続したが、
遠方でなかなか行けず、
建物や草木の手入れができない。

・あまり人がいない場所なので、
売るに売れない。

・老朽化しているので、
壊れて周囲に危害が及ばないように
解体して更地にしたいが、資金がない。

遠方の空き家の実家を相続した方は、
少なからずこのようなお悩みを
お持ちでいらっしゃるのでは
ないでしょうか?

最終的には手離れしたいので、
「売る」という選択をする方が多いですが、
売るに売れなくてどうしたものか?
とお悩みになられる方も少なくありません。

売れない、または有効活用ができなければ、
固定資産税や管理・修繕にかかる費用、
実家に戻る際の交通費など、
持っているだけで
お金が出ていくばかりです。

相続して困ってしまう実家なら、
いっその事、相続放棄して、
最初から相続しない
というのも大きな選択肢です。

02431ac45c06e1814e4e7939ccaa4429_s.jpg

相続放棄すると、
実家だけでなくその他の相続財産も
放棄することになるので、
判断は慎重にすべきですが、

自分で住まないで、
売れる・貸せる見込みもない実家なら、
相続放棄した方が良いこともあります。

想い入れのある実家、
親から引き継ぐ責任感など、
心苦しくなるとは想いますが、

これからの人生において、
足かせとなるのであれば、
その想いを断ち切るのも
重要な決断と選択肢です。

 

相続放棄は、
親が亡くなった日から
3ヶ月以内に
手続きをする必要があります。

相続放棄によって、
影響が出る手続きもありますので、
税理士、司法書士、宅地建物取引士、
ファイナンシャルプランナーなどの専門家や
相続人になる人などを交えて、
親の生前から
対策しておくことをお勧めします。