【4月からの暮らしはこう変わる】あなたの実家は変わりますか?

[`evernote` not found]

明日から令和3年度が始まりますね。
 
 
 
各メディアでは、
「4月から変わる暮らし」について
伝えている内容が多く見受けられ、
 
日常生活から働き方、税金のことなど、
様々なことが伝えられています。
 
 
 
この中には、直接、間接に関わらず、
実家の空き家対策に関わることもあります。
 
 
 
以下、メディアで伝えられている
代表的な暮らしの変化を挙げてみました。
 
 
・小売や外食などの価格表示が、
 総額表示義務化
 
・改正バリアフリー法施行
 
・公的年金支給額0.1%引き下げ
 
・地下上昇に伴う増税を見送り
 
・大手電気会社、大手都市ガス会社の
 家庭向け料金値上げ
 
・70歳までの就業機会の確保が
 企業の努力義務に
 
・自賠責保険(自動車賠償責任保険)
 保険料値下げ
 
 
 
この中で、
実家の空き家対策に直接関わりそうなのは、
「地価上昇に伴う増税見送り」ですが、
 
他の項目についても、
間接的に関わってくることは多くありそうです。
 
 
 
例えば、
70歳までの就業機会確保の努力義務は、
働く場所、住む場所にも関わることですし、
 
公的年金支給額の減額は、
その分を補う収入の確保も考えることです。
 
 
電気やガスの値上げも、
なんとなくそのままにしてある
実家の電気・ガスの契約も
考えるきっかけになりそうです。
 
 
 
地域や環境、人によって、
暮らしへの影響は違いますが、
 
実家がある場所の暮らしは変わるのか?
 
というのは、
実家のこれからを考える上で、
知っておいた方が良いでしょう。
 
 
 
あなたの実家の暮らしは変わりそうですか?
 
 
 
ぜひ確認してみてくださいね。