【実家レンタル】東京でできる、地方の実家の空き家対策

[`evernote` not found]

ここまで、
実家レンタルの3つの柱を解説してきました。

 

【実家レンタル】とは?
1、売却を前提とした賃貸活用
2、借主負担によるDIY賃貸借
3、期限を定めた定期借家契約

 

この3つの柱によって、
もたらされるもう一つの大きなメリットとて、

遠方の実家を、
今住んでいる場所で、

管理できる

ことが挙げられます。

MIHONのコピー3.jpg

 

どういうことか?

 

簡単に言うと、

いずれ売るのだから、
借りる人の好きにしていただいて
構いません。

その代わり、
費用と責任は借りる人が
持ってくださいね。

というスタンスになるので、

貸す側のリスクや手間が
大幅に軽減される為です。

 

通常の賃貸であれば、
借りている人が退去するとき、
次に貸すために、

借りた時と同じように
元通りにして返してくださいね、

というのが基本です。
(原状回復といいます。)

 

しかし、実家レンタルは
いずれ売るので、
元通りにする必要は
ありません。

そして借りる人の費用負担と責任で、
好きなようにリフォーム工事を
してもらうので、
基本的に貸す側の費用負担と責任は
なくなります。

売却するときも、
退去した時の状態なので、
売却するためのリフォーム工事も
基本的に必要はありません。

かつ、住んでもらう・利用してもらう
ことによって、建物も適切に管理され、
周囲への影響や、防犯・防災上のリスク
も大幅に軽減されます。

もちろん、
物件や関係者の事情によって、
諸条件のすり合わせは出てくるとは
思いますが、

遠方の実家の空き家対策としては
有効な手段の一つと言えると考えます。

 

より具体的な内容については、
個別相談時にお話ししますので、
こちらの個別相談会にいらしてくださいね。

【個別相談会のご案内】はこちら↓
http://jikka-akiya.com/?p=972

※先着順で日程は埋まっていきますので、
ご希望にそぐわない場合は
あらかじめご了承願います。