「借金」で実家が売れません。。

[`evernote` not found]

実家を売却したくても、
売却できない理由の一つに、
「借金」
の場合もあります。

 

 

例えば、自営業の方が、
事業資金として2000万円のお金を
銀行から借りようとした場合、

銀行は、
「あなたの実家には2000万円の価値
があるから、返済できないときは
それを売って返してくださいね。」
という約束の元、
お金を借りることになります。
(あくまでも一例です。)

 

 

融資で事業を継続・拡大していき、
順調に収益が伸びて、
予定通りに返済が進むのが、
もちろん理想なわけですが、
事業というのは
いつも順調というわけではありません。

 

 

顧客ニーズの変化や時代の流れ、
他社との競合等により、
事業の継続が困難な時も
決して少なくはありません。

 

 

そうなった時、
例えば先の例ですと、
2000万円の価値がある実家だから、
実家を売って2000万円を返済しよう
という流れになることも
あるわけですが、

時とともに
価値が下がってしまうことも
多々あるお話で、
借りた金額よりも安くしか売れないと
さあどうする?ということになります。

 

 

他に余裕資金があれば別ですが、
借りて残っている融資額より
売却金額が安ければ、
返済が滞ることになり、

そうなると銀行が
強制的な返済を求めるので、
「競売」という流れになっていきます。

 

 

競売手続きの詳細は
ここでは触れませんが、
競売になると、
ことは簡単ではありません。

 

 

相続を放棄するなどの、
事前の対応策は考えられるものの、
自分の意思では売却できなくなり、
弁護士等を通じて、
事業再生や破産手続きなど、
人生をリセットする方向に
なってまいります。
(要は大変なことになるのです。)

 

 

事業をされていたご両親に
借金があったことが
相続時に初めてわかったということも
多いお話です。

 

本ブログは、
「実家が売れずに、空き家のまま
放置されないようにするため」
の趣旨で書いています。

そのため、競売となると、
話は別の路線に
逸れてしまうかもしれませんが、

ご家族が事業をされて
いらっしゃるようでしたら、
気にかけて、事前の対応策も
考えておくといいかと思います。

 

※注:私の個人的な見解ですが、
会社経営や事業は契約ごとの世界です。

将来の相続や空き家対策に必要だからと、
公私混同して、事業に関わる内容を
根掘り葉堀りと、
事業者である親に聞いたり、
問いただしたりすることは、
情報漏洩につながりかねませんので、
家族といえど、十分な配慮は必要かと、
私は思います。

 

※競売についてもっと知りたい方は、
こちらのブログも見てください↓
競売とマイホームと不動産投資