実家を「貸す」場合のデメリットを考えてみよう!

[`evernote` not found]

前回は実家を「貸す」場合のメリットを考えてみました。

今回は「売る」場合と同様に、
「貸す」場合のデメリットを考えてみます。
あなたは、どんなことが考えられるでしょうか?

アパートの大家さんになった感覚で、
少し考えてみてください。

いかがですか?

「売る」場合は実家という財産を
手放すことで、
収入(売却資金)を得る

ことになりますが、
「貸す」場合は実家という財産を
長期的に活用して、
収入を得る

ことになりますので、

入居者との
長いお付き合いの中で

考えられるリスク
があります。

以下に、私が考える
実家を「貸す」場合のデメリットを
挙げてみましたので、
ご参照ください。

主に入居者対応の問題が
多くなると思いますが、

賃貸住宅のトラブル・クレーム対応は、
数多くのアパートや
マンションオーナー様の経験から、
何らかの解決策はあります。
怖がらずにあなたが思うリスクを
挙げてみてください。

 

【貸す場合のデメリット】

◉すぐに借り手がつくかどうかわからない。

◉貸したら、ずっと返してもらえないかもしれない。

◉実家に他人を住まわせるのに抵抗がある。

◉借りている人とトラブルにはなりたくない。

◉家賃を滞納されるかもしれない。

◉借り手がどんな生活をするのか不安。

◉不具合があったら、修繕しなければならない。

◉緊急事態が起こった時は対処しなければならない。

◉管理を任せる実家の地元の不動産会社を知らない。

◉室内にあるものを運びださなければならない。

◉リフォームをする必要がある。等