実家を「貸す」場合のメリットを考えてみよう!

[`evernote` not found]

1月〜3月までは、
4月から新しい生活をはじめるための
賃貸物件探しが活況になります。

不動産賃貸業界にとっては、
いわゆる「繁忙期」と
呼ばれる時期です。

賃貸マンションやアパートが
供給過多ではある昨今ですが、

「賃貸物件に住みたい、利用したい!」

と考えている人は、
いつの時代も
様々な場所で
多くいらっしゃいます。

それゆえに、
実家の空き家対策でも、
「貸す」という手段は、
大きな選択肢の1つと考えます。

ではあなたにとって、
実家を「貸す」メリットには
どんなことがあるでしょうか?

「売る」ことでは、

「まとまった金額が入る」
「維持管理費がなくなる」
「固定資産税の負担がなくなる」

などのメリットががありましたが、

「貸す」場合は、少額ながらも、
「貸す」ならではの様々なメリットも多くあります。

人それぞれに感じる
メリットの違いはありますが、
私が考える「貸す」メリットを
挙げてみました。

あなたのライフプランを考える
一助になれば幸いです。

【実家を貸すメリット】

◉実家がなくならない。

◉定期収入が入ってくる。

◉長期的に収入が入ってくる。

◉長期的な資産形成ができる。

◉将来的に必要な資金を調整できる。
(賃貸期間が長くなれば、賃貸収入が増える。)

◉人が住む、または利用することで、
建物の老朽化を抑えられる。

◉メンテナンスのために、
実家へ行くことが少なくなる。
(行く必要がなくなる。)

◉メンテナンス費用が少なくなる。

◉実家を売らずに、
相続等にかかった費用を回収できる。

◉売れない、売りづらい物件でも、
収入を得ることができる。

◉賃貸しながら売却することもできる。
(オーナーチェンジとして)

◉固定資産税やメンテナンス費用を、
賃貸収入で捻出できる。

◉物件購入費用がなく、
不動産投資ができる。 など。

 

次回は「貸す」場合の「デメリット」を考えてみますね。