実家を売る時に考えたい、大切な2つの基準

[`evernote` not found]

前回まで実家を「売る」場合の
メリット・デメリットをみてきました。

 

まとめると、実家を「売る」ということは、

◉まとまったお金が入り、
固定資産税や維持管理にかかる
費用・手間がなくなる。

◉思い通りの金額や条件で
売れない可能性もある。

◉実家への思い入れの気持ちから、
売るのは忍びないと感じる。

ということになるように私は想います。

 

「利用しないなら、売ってお金に変えた方がいい」
という考えは、至極当然のことであり、
それは私も否定はしませんし、
希望条件で売れるなら、
むしろその方が得策だと私も想います。

問題は希望条件で売れない場合はどうするか?
ということです。

それを考える基準は、

◉実家にかかる諸問題から、
解放されたいのか?

◉実家を活用して、
豊かな人生を創りたいのか?

の2つに分かれるのではないかと、
私は考えます。

周囲への迷惑をこれ以上かけたくなかったり、
維持管理費用をなくしたいというのが目的なら、
金額の問題でなく売れる金額と条件で、
早々に売却した方が良いと想います。
(問題解決型の売却)

将来かかるであろう教育費や老後費用、
または自身の夢の実現など、
豊かなライフプランを描くことを
目的とするならば、

今は売れなくても
戦略的に売却の時期や金額を考えて、
実家を活用していく方法を
探っていった方が良いと想います。
(未来創造型の売却)

実家を資産と見るのか?
負債と見るのか?

それによって、
売る方法や時期も大きく変わってきます。

 

私の持論でもありますが、
「日本の不動産は必ず売れます。」

必ずというのは、
時期や価格・条件など折り合う時が
必ずあるという意味ですが、

「なかなか売れない」というのは、
「まだ購入される方に巡り合っていない」
という意味にも捉えることができます。

 

実家を売ることを考える際には、
「いくらで売れるのか?」
 よりも、

「何の為に売るのか?」
を優先して考えてみると、

今まで見えなかったもの、
気付かなかったことが見えてきて、
人生にプラスとなる売り方も
考えられるのではないかと、
私は想います。