2019年 実家を「貸す」メリットとは?

[`evernote` not found]

実家の大きな活用方法として、
「貸す」選択がありますが、
 
この選択は
2019年の実家の活用としては
最も期待できます。
 
aa5c3f76e9c99a7650f594669bd91842_t.jpeg
 
 
 
東京オリンピックでの
外国人観光客受け入れ、
 
増える高齢者・障がい者への住宅確保
 
と、
 
空き家対策をマッチング
 
させた施策を国が進めたことで
古い空き家の活用に選択肢が増え、
 
世間一般的にも「空き家の賃貸活用」は
注目を集めています。
 
 
 
具体的には、
 
昨年解禁された「民泊」

昨年改正された
「住宅セーフティネット」
が代表的ですが、

いずれも「空き家を貸す」ことで
成り立つ施策です。
 
 
 
以下に「実家を貸すメリット」
の一例を挙げてみました。
 
 
 
これらは空き家になっている実家でも、
十分活用できる施策なので、
チャレンジしてみる価値は十分あります。
 
 
 
「空き家の実家をどうにかしたいけど、
 売るのは忍びない。。」
 
 
「実家を売りたいけど、 
 安すぎて売る気にならない。。」
 
 
「いずれは実家を売るけど、
 今はまだ売りたくない。。」
 
 
などなど、
 
今は実家を売るのに、
躊躇してしまうようであれば、
ぜひ賃貸での活用を考えてみてください。
 
 
 
【実家を貸すメリット】
 
◉東京オリンピック開催で
 外国人観光客の需要が見込める。
 短期間の民泊に期待できる。

◉住宅セーフティネット法が改正され、
 高齢者、障害者などの住宅を
 必要とする人たちへ、
 賃貸借がしやすくなった。

◉実家がなくならない。
 
 
◉定期収入が入ってくる。
 
 
◉長期的に収入が入ってくる。
 
 
◉長期的な資産形成ができる。
 
 
◉将来的に必要な資金を調整できる。
 
 賃貸期間が長くなれば、賃貸収入が増える。
 
 
◉人が住む、または利用することで、
 建物の老朽化を抑えられる。
 
 
◉メンテナンスのために、
 実家へ行くことが少なくなる。
 (行く必要がなくなる。)
 
 
◉メンテナンス費用が少なくなる。
 
 
◉実家を売らずに、
 相続等にかかった費用を回収できる。
 
 
◉売れない、売りづらい物件でも、
 収入を得ることができる。
 
 
◉賃貸しながら売却することもできる。
(オーナーチェンジとして)
 
 
◉固定資産税やメンテナンス費用を、
 賃貸収入で捻出できる。
 
 
◉物件購入費用の負担がなく、
 不動産投資ができる。