2019年 実家を売却するデメリットとは?

[`evernote` not found]

昨日は、
実家を売却するメリットについて
お伝えしました。
 
 
 
東京オリンピックを
翌年に控えた2019年は、
 
近年の不動産の価格の上がり傾向の中、
一見実家の売却には有利なように
感じられます。
 
 
 
しかしながら、単純に価格だけで、
「実家を売ろう!」と決めるのは、
決して良い判断とは言えません。
 
 
 
「実家を売る=
 一族の財産を手放す」
 
 
ということですから、
 
人間関係や情緒的なことに関わることも
考慮しなければなりません。
 
 
 
また、
急速に増える日本の空き家事情を考えると、
 
売り手の希望に沿った条件で
売れるかどうかはわかりません。
 
c10efd6d0c324645dfa021ebd6f43768_t.jpeg
 
 
以下に、
実家を売却するデメリットの
一例を挙げてみました。
 
 
 
マイナス思考は
決してオススメはしませんが、
 
空き家の実家は直ちに売りなさいと、
売却をあおる人達の意見に
惑わされるのもよくありません。
 
 
 
あなたの実家を売却すると、
どんなデメリットがあるのか?
 
 
 
ぜひ考えてみてください。
 
 
 
【実家を売るデメリット】
 
◉希望金額で売れる保証はない。
 
 
◉権利や物件状況によって、
 売れない場合がある。
 
 
◉地方の不動産だと、
 相場が極端に安い場合がある。
 
 
◉帰れる実家がなくなり寂しい。
 
 
◉兄弟・親戚等で集まる場がなくなる。
 
 
◉実家で得られる収益が
 一度きりで終了する。

 

◉共有で相続した物件だと、
 売却金額や売却条件で
 話がまとまらない可能性がある。

 

◉行方が分からない人がいると、
 売るまでにかなりの時間がかかる。

 

◉遠方の実家で地元不動産業者に
 売却依頼すると、頻繁に帰れない為
 業者の言いなりになる可能性がある。
 
 
◉相続税法改正で、
 財産を相続する人が増えるので、
 話がまとまらない可能性がある。
 
 
◉東京オリンピックの影響で
 価格上昇傾向が続いてきたものの、
 その流れもやや落ち着いてきた
 感がある。
 
 
◉空き家の増加により、
 実家周辺に競合物件が多く存在する。