2019年 実家を売るメリットとは?

[`evernote` not found]

空き家対策の書籍やネットなどみていると、
空き家の実家は直ちに売るべき、
との意見や記事が見受けられます。
 
 
 
これは、
維持費がかかるとか、いずれ売れなくなる、
といったリスクから考えた意見です。
 
 
 
もちろん、
リスク回避のために実家を売却するのは
間違っていませんが、
 
マイナス要素ばかりが
売却を決める理由ではありません。
 
 
 
売却して現金化することで、
現在や将来起こりうる問題を解決したり、
自身の人生を豊かにする元手になることも
あるでしょう。
 
215c82b7561e0d5856d8421c91f50c5e_t.jpeg
 
 
新時代を迎えるにあたり、
実家を売るメリットの一例を
以下に挙げてみました。
 
 
あなたのライフイベントも踏まえて、
あなた自身にかかわるメリットも、
ぜひ考えてみてください。
 
 
 
【2019年 実家を売るメリット】
 
 
◉早く売却できる見込みがある。
 
・オリンピック需要が見込める。
    民泊などインバウンドを見込んだ需要。
 
・時代の変わり目で
    情緒的な需要が見込める。
    結婚などライフイベントに関わる需要。
 
◉まとまった金額が入る。
 
・借り入れが返済できる。
・老後資金が確保できる。
・教育資金が確保できる。
・事業資金(起業資金)が確保できる。
・相続関係者に現金で分けられる。
・住宅購入資金ができる。
・室内を片付ける費用が捻出できる。
・相続税などの納税資金ができる。
・生活資金が確保できる。
・気持ちの上で、余裕が出る。
 
 
◉空き家の管理をしないで済む。
 
・草むしりをしなくて済む。
・空気の入替えをしに行かなくて良い。
・周囲からの苦情から解放される。
・建物を解体して売却することができる。
 
 
◉税金を払わなくて済む。
 
・毎年かかる固定資産税がなくなる。
・売却時にかかる税金の特例がある。
 
 
維持管理にかかる費用がなくなる。
 
・光熱費の支払いがなくなる。
・リフォーム、修繕費用の負担がなくなる。
 
 
◉実家への想いを断ち切れる。
 
・実家に戻る交通費がなくなる。
・実家周辺の親戚、身内と関わりが薄くなる。