新時代がもたらす、実家の活用のメリット・デメリット

[`evernote` not found]

12月に入り、テレビやネットでも
「平成最後」を耳にすることが
多くなりました。
 
 
 
先日テレビであるコメンテーターが
 
「過去の時代の節目では、
 情緒的な要素が加わって、
 経済が活性化する」
 
と言っていました。
 
 
 
「昭和」から「平成」、
「20世紀」から「21世紀」
 
に変わるときは、
確かに時代が変わったことで、
世の中は湧いていたように思います。
 
 
 
昭和から平成の時は、
バブル絶頂期でしたし、
 
21世紀になった時は、
2000円札も発行されたし、
 
思い返せば、新時代の幕開けの頃は、
歴史や記憶に残る出来事が多かったですね。
 
 
 
来年の新時代の始まりも、
きっと同様に
世の中は湧き上がってくることでしょう。
 
9543c0638772d1dcea69965994c0eb46_t.jpeg
 
 
 
実家の活用についても、
新時代の幕開けは大きな節目となり、
 
実家をどうしようか?
考えている人にとっては
大きな判断のしどころでもあると思います。
 
 
 

実家の活用には、

「売る」「貸す」「住む」

「利用する」

 
の4つがあるとお伝えしていますが、
 
どの活用が自分にとって、家族にとって、
良いのか?
 
新時代の幕開け直前に、
今一度、それらのメリット、デメリットを
整理してみたいと思います。
 
 
 
来年は、
 

・東京オリンピック前年、

 

・消費税増税、

 

・相続税法改正
 
など実家の活用に、
大きな影響を与える出来事もあります。
 
 
 
ぜひ、新時代直前の今、
あなたにとっての実家の活用方法を、
考えてみてくださいね。