実家を「高く」「早く」売却するための、不動産情報サイトへ掲載する3つのコツ

[`evernote` not found]

実家に限りませんが、
不動産を売却するとき、
 
不動産情報サイト
 
へ掲載するのは、必須事項です。
 
 
 
不動産情報サイトも、
狙うターゲット層によって、
利用するサイトは違ってきますが、
 
押さえておきたいのは、
以下の3つのサイトです。
 
 
◯ スーモ
https://suumo.jp/sp/
 
 
◯ アットホーム
https://www.athome.co.jp
 
 
◯ ライフルホームズ
https://www.homes.co.jp
 
 
 
 
これらのサイトは、
マイホームでも、投資用でも、
 
不動産を買おうとする人は、
必ず一度は目にするサイトです。
 
 
 
なので、
これらのサイトへの情報掲載は、
しっかりと行う必要があります。
 
8a7f90434004cef5218aa3247cf76fa2_t.jpeg
 
 
掲載方法は
各サイトの規定に従いますので、
好き勝手にはできませんが、
 
どの不動産情報サイトへ掲載するときでも
共通して行うべきことはあります。
 
 
 
特に大切なのは以下の3点です。
 
 
1、画像・動画を多くする。
  規定いっぱいの枚数まで
  掲載する。
 
売却している不動産の情報を、
視覚的に理解してもらうため。
 
より細部まで見てもらうことで、
物件の詳細がわかり、安心感が出てきます。
 
 
 
2、物件紹介ページの項目は、
  全て埋める。
 
不動産情報の隅々まで記載してあることで、
物件や売主、不動産業者への信頼につながり、
購入を検討している人に安心感を与えます。
 
 
 
3、プロフィール、会社概要は
  できるだけ、
詳しく書く。
 
不動産に限りませんが、
高額な買い物をするときは、
人は売っている人や会社が必ず気になります。
 
 
したがって不動産会社の概要や
担当者プロフィールページは、
必ず見られます。
 
 
「物件はいいけど、会社がね。。。」
と言われないように、
 
会社ページ・担当者ページは
しっかり書き込んで、
購入検討者に安心してもらうようにします。
 
 
 
 
これらのことは、
決して特別なことではありません。
 
 
 
購入する立場になってみれば、
 
どんな情報が必要で、
 
どんな風に書いてあったら、
購入したくなるか、
 
自ずとわかってくるはずです。
 
 
 
この掲載作業は、
不動産会社が行うものですが、
 
画像・動画・物件紹介コメントなどは
実家を売る人が撮影したり、
セールスポイントを考えて、
不動産会社に渡すことはできます。
 
 
 
そして、自分の実家が
どのように掲載されているか、
自分の目で確かめられるので、
 
反応が悪ければ、随時、
改善、テスト、検証ができます。
 
 
 
連日お伝えしていますが、
実家を高く、早くするには、
 
依頼した不動産業者と
「二人三脚」で、
力を合わせて売却活動をすることです。
 
 
 
 
依頼した不動産業者に、
良きパートナーとなってもらうよう、
 
売却を依頼する側も、
実家の情報を詳しく、分かりやすく、
不動産業者に伝える努力は
していきましょう。