「建て替えできても、売りづらい家」の販売戦略のポイント

[`evernote` not found]

昨日は
建て替えできない家の販売戦略について、
お伝えしました。
 
 
 
時代のニーズに対応できるように、
 
「一定期間活用してから売る」
 
という考え方をお勧めしましたが、
 
 
この考え方は、
建て替えできない家に
限ったものではありません。
 
 
 
同じように売りづらい家にも
同様に当てはまります。
 
 
 
具体的には、
 
 
法令に違反建築している家
 
需要が少ないエリアにある家
 
 
がそれにあたります。
 
 
 
売りづらいのは
わかっているのだから、
 
逆に一定期間売らないで、
自分で活用してから売る
 
 
という考え方は、
建て替えできない家と同様に
販売戦略の大きな選択肢になります。
 
 
 
ただ、この二つの家の場合、
建て替えできない家とは違い、
 
「建て替えができる」
 
ことが決定的に違う大きなポイントです。
 
256555042d44e0e7d3bcc3728843aad2_t.jpeg
 
 
建て替えができることで、
売却方法や購入顧客層、
そして売れるまでの活用方法が
大きく違ってきます。
 
 
 
では、どのように違ってくるのか?
 
 
 
次回からは、
この二つの家の販売戦略について
お伝えしていきますね。