人も空き家も「予防」は大切です。

[`evernote` not found]

先日、
先月受診した大腸がん検診の結果通知が、
送られてきました。
 
 
 
結果は陰性で、
現状では心配するようなことは
ないとのことですが、
 
 
定期的な検診と
健康的な生活習慣の維持を心がけるよう、
「予防」のアドバイスが
書いてありました。
 
 
 
暴飲暴食は避け、
 
バランスの良い食事を心がけ、
 
適度な運動をし、
 
ストレスを溜めない、
 
 
 
といったことに気をつけて過ごしましょう、
ということですが、
 
 
これは「空き家も同じだなぁ。。」と
ふと思いました。
 
9476333c333eaf0da0ba01680883860b_t.jpeg
 
 
今社会問題になっている空き家問題とは、
 
空き家になることで、維持管理が手薄になり、
 
それによって家が老朽化し、庭先が荒れて、
 
周囲に迷惑がかかることです。
 
 
 
逆を言えば、
 
周囲に迷惑をかけることを未然に防ぐために、
「予防」しておけば良いということです。
 
 
 
具体的に例を挙げると、
 
 
◯バランスの良い食事
 
 →空気の入れ替え、
  定期的な清掃・修理
 
 
◯適度な運動
 
 →窓やドアの開閉、
  蛇口をひねって水を出す。
  お風呂のお湯を沸かす。
 
 
◯定期検診
 
 →不具合箇所の確認
 
 
といったところでしょう。
 
 
 
よく空き家関連の
ニュースや記事を見ていると、
「維持管理」という言葉が出てきますが、
 
 
住宅に携わっていない人からすれば、
維持管理といっても何をすればいいのか、
ちょっと難しく感じるかもしれません。
 
 
 
自分の体や健康に置き換えて、
「予防」という意識を持つと、
理解しやすく、
 
直感的に何をしたら良いか、
わかることも多いのではないでしょうか?
 
 
 
 
健康であれば、
将来もいろいろなことができるように、
 
実家もいい状態を維持できれば、
将来の利用の仕方も、選択肢が広がります。
 
 
 
「予防」の意識、
ぜひ持ってみてくださいね。