「実家の空き家対策資金」の内容とは?

[`evernote` not found]

昨日は、人生の3大資金である、
 
「教育資金」
「住宅購入資金」
「老後資金」
 
に、第4の資金
「実家の空き家対策資金」
が加わるかもしれないことを
お伝えしました。
 
 
 
3戸に1戸が空き家になっていく
今の日本では、
 
 
空き家対策費用も
今後さらに重要視されていくことでしょう。
 
 
 
実際、今の時点でも、
空き家対策に関係する融資や助成金などが、
 
 
全国の多くの行政で
実施されているわけですから、
 
 
空き家対策費用が、
各家庭で大きな負担になることを
物語っているとも言えます。
 
b0d746e5d1aaa673f0f8de2b1908e193_t.jpeg
 
 
 
この「実家の空き家対策資金」は、
以下のような特徴が挙げられます。
 
 
◉親の存命にかかわらず
 必要となる。
 
◉必要な年代層が広い
 
◉3大資金に比べ低額
 
 
 
また具体的な資金の内容としては、
 
 
◉片付け費用
 
◉解体費用
 
◉リフォーム費用
 
 
といったものがあります。
 
 
 
実家の状況にもよりますが、
 
 
人生の3大資金は、
必要な期間がある程度予測が立ち、
 
 
必要な金額が
何百万円単位から何千万単位と
多額になりますが、
 
 
実家の空き家対策資金は、
必要な時期と期間の幅が大きく、
 
 
必要な金額は、
1,000万円以下が多くなる
 
 
といった違いがあります。
 
 
 
2015年に、
迷惑空き家は強制撤去できる、
空き家の法律ができてから、
空き家対策への注目は一気に高まり、
 
 
今や、
空き家対策は、
少子高齢化対策と並ぶ、
国家的な重大な課題になりました。
 
 
 
そして、
実家の空き家対策は、
ライフプランを考える上で、
 
 
外せない人生の一大イベントになった
と言っても過言ではなくなってきました。
 
 
 
教育・住宅購入・老後資金と合わせ、
将来かかる必要資金として、
 
 
実家の空き家対策資金を
考えていただけたらと思います。