「建物構造」は、実家の「安全性」と「価値」を判断する重要なデータです。

[`evernote` not found]

本日は、実家のデータ7

「建物の構造」

について、お伝えします。
 
0ba3237c19078875c42fb8bb33b87f2c_t.jpeg
 
 
日本の家は、
圧倒的に木造住宅が多いですが、
 
 
現在建っている日本の建物の
代表的な構造には、
以下の4つがあります。
 
 
・木造
 
・鉄骨造
 
・鉄筋コンクリート造
 
・鉄骨鉄筋コンクリート造
 
 
この建物の構造は、
権利書や登記情報に記載されているので、
容易に理解できます。
 
 
 
建物の構造を理解することの大きな理由には
主に以下の二つがあります。
 
 
1、建物の丈夫さ、
  メンテナンス方法の把握
 
 
2、耐用年数による
  建物評価の把握
 
 
 
建物の丈夫さを把握することの重要性は、
 
昨今の度重なる大災害での被害状況から、
少なからず、理解できることと思います。
 
 
 
どの構造も
一定の安全性をクリアしていますので、
どの構造が強くて、どの構造が弱い
ということではありませんが、
 
 
 
各構造とも、
一長一短がありますので、
 
実家の建物構造を把握して、
必要なメンテナンスを行い、
 
 
突然の災害に、
できる限り耐えられる建物に、
準備しておきたいところです。
 
 
 
 
耐用年数による建物の評価は、
収益を得るために、
不動産を購入する人にとっては、
もっとも重要なデータとなります。
 
 
 
建物の構造によって、
 
 
どれだけの
不動産評価(価値)があって、
 
 
この不動産(建物)を購入するのに
どのくらい融資を受けられるのか?
 
 
購入したら、
どのくらいの節税ができるのか?
 
 
というところが
大きなポイントになります。
 
 
 
耐用年数による建物評価は、
 
・実家を売却する時、
・実家を貸して収益を得る時
 
に大きく関わってきます。
 
 
 
実家のデータでは、
あまり目立たない項目に
入るかもしれませんが、
 
 
結構重視する人は多いので、
しっかり把握しておきましょう。