実家の売却の「全て」を「専属」で任せる売却方法

[`evernote` not found]

実家の売却を依頼する契約について、
「一般媒介」と「専任媒介」について、
お伝えしてきました。
 
 
 
売却の依頼は、大きく分けると
複数の業者に依頼する「一般媒介」か
一社のみに依頼する「専任媒介」に
分かれますが、
 
 
この専任媒介の「一社限定」を
さらにグレードアップしたものに
「専属専任媒介」があります。
 
 
 
したがって、
売却の依頼の形は、全部で
「一般」「専任」「専属専任」
の3種類になります。
 
 
 
 
「専属専任媒介」は、
大筋では専任媒介と変わりませんが、
 
以下の3点が、
専任媒介より専属性を高めている
内容になっています。
 
 
 
・必ず依頼した不動産業者を
 通して契約する。

 自分自身で
 顧客を見つけることはできない。
 
 
・販売報告は1週間に1度以上。
 (専任媒介は2週間に一度以上)
 
 
・レインズへの登録は、
 媒介契約後5日以内。
 (専任媒介は7日以内)
 
 
 
詳細はこちらをご覧ください。
 
◉不動産の基礎知識
 売るときに知っておきたいこと
 〜不動産ジャパンより〜
http://www.fudousan.or.jp/kiso/sale/3_4.html
 
 
 
 
要するに、
 
 
どんなことがあっても
依頼した1社を通して顧客を探し、
契約するのだから、
 
 
より早く情報公開し、
より密に報告をしてください。
 
 
ということです。
 
 
 
自分で顧客を見つけるあてもなく、
 
実家が遠方で状況がわからなかったり、
 
多忙な日常生活で、
実家の売却に手が回らないような人は、
 
 
売却の全てを、
不動産会社にお任せする、
専属専任契約で売却すると良いでしょう。
 
50fb37e4c3a23c38fd2c34cf644e69bb_t.jpeg
 
 
売却を依頼した一社に全てを託すわけなので、
前回お伝えしました「囲い込み」のような
不当な情報操作することがなく、
広く、早く、情報公開し、
 
 
絶対の信頼をおくパートナーとして、
2人3脚で販売活動をしてもらえる
不動産業者に依頼するといいですね。
 
 
 
 
実家の売却の形として、
「一般」「専属」「専属専任」を
お伝えしてきましたが、
 
 
どの形で売却すべきかは、
依頼する人それぞれ違います。
 
 
 
売却するまでの期間や売却条件、
依頼する会社の得意・不得意など、
しっかり理解した上で、
 
 
自分自身にとって適切と判断できる
売却の形を選択されてくださいね。