【なぜ実家を売るのですか?〜その3】あなたの実家を活用して、あなたの夢を実現するできませんか?

[`evernote` not found]

本日は
3つの動機のカテゴリー分けうち、
「財産の余力をつくる」について
お伝えします。
 
 
◉財産の余力をつくる。
 →売っても、貸してもよい。
  時間に余裕がある。
 
◉困っている。
 →売っても、貸しても良い。
  時間に余裕がない。
 
◉金銭債務からの解放
 →売るしかない。
  時間に余裕がない。
 
 
 
「財産に余力をつくる」というと
聞こえはいいのですが、
 
 
このカテゴリーに入る人は、
空き家の実家を持っていても、
 
 
「特に困っておらず、
 どうしたら良いか
 わからない」
 
 
「実家をどうしようか、
 考えているが、
 行動しない、できない」
 
 
という思っている方ではないでしょうか?。
 
 
 
売るにしても、貸すにしても、
様々な選択肢があり、
時間的な制限もないので、
 

逆に言うと、

「一番悩むべき人」
であるかと思います。
 
 
 
 
こうした方は、
空き家対策や空き家活用の
多くの情報は持っています。
 
 
 
私もご相談いただく方からのお話を伺うと、
よく勉強されていらっしゃるなぁ!

と思うときも多くありますが、

 
 
そんな熱心に情報収集されている方が、
行動できないのは、
 
 
やはり空き家の実家を活用する
「動機」がないからです。
 
 
 
お金に困っていれば、
売らなければならないし、
 
 
人が住んでいないことで、
草木が伸びて周囲に迷惑がかかるなら、
誰かに住んでもらわなければと
思いますし、
 
 
マイナスの動機がある人は、
時間に余裕はありませんから、
すぐ行動します。
 
 
 
 

空き家となった実家を
どうしたらいいか分からないという方は、
まず、

無理やりでも

動機を持つこと

をお勧めします。

 
 
 
具体的には、
まずはなりたい自分や将来、
自分がこれからしたいことなど、
想い描いて、
 
 
それを実現するために、
「空き家の実家を利用できないか?」
と考えてみるのです。
 
 
 
難しく考えることはありません。
 
 
一例を挙げると、このような感じです。
 
 
・定年後の生活資金を作っておきたい。
 
 
・子供がまだ大学生で、
 お金がかかるから学費を作りたい。
 
 
・55歳になったら、起業したいので、
 その資金を確保したい。
 
 
・安定した副収入を得たいので、
 実家を売ったお金で
 賃貸マンションを購入し、
 家賃収入を得たい。
 
 
・海外に移住するので、
 手元資金が欲しい。
 
 
・今の家を建て替えたいので、
 実家を売ってその資金に当てたい。
 
 
・外国人との交流を深めたいので、
 外国人に家を借りてもらって、
 海外交流の拠点にしたい。
 
 
・古民家カフェをつくって、
 多くの人に自慢のコーヒーを
 味わって欲しい。
 
 
・社会貢献したいので、
 高齢者や障がいを持った方に
 利用して欲しい。
 
 
・家族で世界1周旅行したいので、
 旅行資金をつくりたい。    など。
 
4c09ae6e53a560db32c92d510dd946ac_t.jpeg
 
 
 
このような自分の夢や希望、目標などは、
できる、できないは別にして、
誰しも抱いているはずです。
 
 
 
それらを叶えるために、
実家をどう利用できるのか?
という視点から、考えてみると、
 
 
今まで漠然としていた
「空き家の実家」の活用方法が
少しずつ、見えてくるのでは
ないでしょうか?
 
 
 
せっかく親から引き継いだ
財産である実家です。
 
 
 
世の中にではマイナスの情報も
多く流れてはいますが。
 
 
せっかく活用するならば、
これからの自分の人生にプラスになる
活用の方が良いですよね。
 
 
 
空き家の実家の活用方法に
悩んでいらっしゃるようであれば、
 
 
まず、自分の夢や希望を想い返して
みることを、オススメします。