強制的に実家が売られる、競売物件の基礎知識

[`evernote` not found]

金銭的な理由で家を売る場合で、
住宅ローンなどの返済ができなくなった時、
強制的に家を売却される場合があります。
 
 
 
この手続きを「競売」と言いますが、

イメージとしては
「裁判所が行う
 不動産のオークション」
で、

金融機関などお金を貸した側が
裁判所に申し立てて、その手続きを行います。
 
e53a9d3b63788e6423083d6c1b140fee_t.jpeg
 
 
 
 
 
「競売」というと、
 
・怖い人がいる。。
・訳あり物件。。
・素人は手が出せない。。
・立ち退きさせられる。。
 
など、マイナスイメージが多く、
 
 
「競売で家を売る」となると、
人生の終わりのようなにとらえる人も
いるかもしれません。
 
 
 
確かに、
ただ事ではない事態ではありますが、
競売市場も一昔前と違い、
随分変わりました。
 
 
 
怖い人が居座り続けることも
あまりなくなり、
 
 
安全な取引ができるように
法律も整備されてきましたし、
 
 
競売で売却される前に解決するための
情報や業者も多くなりました。
 
 
 
また、
競売で不動産を取得しようとする人も、
一般の人が多くなり、
 
 
「怖い」とか「曰く付き」といった
マイナズイメージがなくなり、
開かれた市場となりました。
 
 
 
それにつれて、
競売での落札金額も高額になってきて、
 
 
普通に取引される不動産と
価格差ががなくなってきているものも
多くなりました。
 
 
 
 
家が売られる側からすると、
どんな事情であれ、
 
 
返済ができなくなって
競売になってしまうことは、
深く受け止めなければならないこと
ではありますが、
 
 
逆に、金銭債務を整理し、
もう一度出直すきっかけと捉えるという
考え方もあります。
 
 
 
もちろん、
自己破産などの大きな代償が
伴うことはありますが、
 
全てを悪い方向で捉えることも
ないとは思います。
 
 
 
 
「借金で困って、実家を売却する」
ことは、よく耳にするお話です。
 
 
 
払えなくなった時に
どうなるのか?
 
 
 
万が一に備え、
借り入れしている金融機関や
債務整理を行う弁護士などに、
一度確認しておくと良いですね。
 
 
◉競売の詳細内容は、
 こちらのブログもご参照ください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
【競売とマイホームと不動産投資】
http://hosoifp.sakura.ne.jp/hosoifp_auction/