意外と間違いやすいです!実家の相談先は、お間違えのないように。

[`evernote` not found]

実家の相談に限りませんが、
家族にとっての財産について、
誰に相談し、誰に任せるかは、
大変重要なことです。
 
 
 
実家の売却ともなれば、
今後の家族の人生を大きく左右する
人生の一大イベントですから、
信頼できるパートナーと共に、
ことを進めていきたいものです。
 
 
 
税理士や司法書士など、
実家に関わる資格を持つ
専門家に相談しても、
 
 
全員が全て同じ分野に詳しくて、
同じ能力があるわけではありませんし、
人柄や性格も合う、合わないがあります。
 
 
 
私も不動産に関わる多くの業種の方と
接してきましたが、
 
 
私見ながら、
実家のことを相談するには、
事前にしっかり確認したほうが良い
職種・専門家をあげてみます。
 
b9197dd018d94774705609ddd6866583_t.jpeg
 
 
◉ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーという資格は、
「この資格がなければできない」
という業務はありません。
 
 
中立・公平な立場で、
顧客の資産やライフプランについて、
相談を受けたり、
助言したりするのが主な目的なので、
 
実際の実務を行うことが、
メイン業務ではありません。
 
 
 
各種専門家との調整役といった
立位置になりますが、
 
 
裏を返せば、
実務的な責任はない立場とも
捉えられます。
 
 
 
独立系FPとして、
中立・公平な立場を
アピールする方も多くおりますが、
 
「中立・公平」を、
「無責任」と取り違えてしまって
見える人も、時々見受けられます。
 
 
 
実際の実務まで深く関わり、
責任を持って、

助言・提案してくれるFPを

選ぶことをお勧めします。
 
 
 
◉決算業務がメインの税理士
 
税理士というと、
会社の決算や確定申告業務が、
一般的に依頼される方が多いと思います。
 
 
 
多くの税理士は、
これらの業務を行っていますが、
こうした申告業務ができるからといって、
相続税もできるかというと、
それは違います。
 
 
 
不動産に関わるような税金は、
会社の決算や個人の確定申告とは
全く別物です。
 
 
実際に、自分の専門外となるので
「相続税はやらない」
という税理士も時々見かけます。
 
 
 
よく「知り合いに税理士がいるから」とか
「いつも頼んでいる税理士がいる」などと
言われる人がいますが、
 
その税理士は
「相続税は取り扱うのか」
きちんと確認したほうが良いですね。
 
 
◉司法書士

実家の売却や相続で、
名義変更するときは、
司法書士に依頼することにはなります。
 
 
不動産の登記をするのだから、
不動産のことも詳しいのでは?
と思ってしまうかもしれませんが、
 
司法書士が
不動産取引に詳しいかどうかは別物です。
 
 
 
私も多くの司法書士の方に
登記業務をしていただきましたが
 
不動産のことはよくわからないけど、
不動産の登記をメインで行っている
司法書士は結構多いように
私は感じています。
 
 
 
言ってみれば、
不動産登記は「机上」作業なので、
現場を見ていなくてもできる業務ですし、
 
不動産の売却は、
不動産業者が行いますから、
 
不動産取引の詳細が分からなくても、
登記業務に支障はそれほどありません。
 
 
 
 
司法書士は権利に関わる専門家ですので、
過度な不動産全般についての
期待はすべきではありません。 
 
 
 
とはいえ、
不動産取引や税務の現場には、
深く関わってくる専門家ですので、
 
基本的な不動産取引や税務等の知識などは、
持っている司法書士に、依頼したいですね。
 
 
 
 
以上、私見で書かせていただきましたが、
これらのことは、
私が実際に経験したことです。
 
 
 
肩書きだけにとらわれず、
 
自分が目指すべきステージに
たどり着けるかどうか?
 
を基準に、相談する相手を
選んでいただくと良いと思います。