「介護リフォーム」は実家を売る時に足かせになる?!

[`evernote` not found]

親が高齢になってくると、
身体機能の低下によって、
日常生活に支障が出てくることが
多くあります。
 
 
 
よく見られるケースに、
足が痛くなって、
歩行が困難になることがありますが、
 
 
こういった高齢者の身体状況を
助けるために、
 
また家族が親を介護しやすくするために
家の中をリフォームすることがあります。
 
 
 
「介護リフォーム」
とよく言われますが、
 
 
この介護リフォームも
高齢の親の身体状態や
家の中の状況によって、
様々なリフォームがあります。
 
 
 
例えば、
 
手すりの設置、
開き戸を引き戸に変更
トイレを和式から洋式に変更
 
といった簡易的な工事から、
 
 
 
階段昇降機の設置
ホームエレベーターの設置
入浴用リフトの設置
 
といった、
大掛かりな工事まで、
多種多様な介護リフォームがあります。
 
4d685d85b1df80bd8282809330814b63_t.jpeg
 
 
こうした介護リフォームは、
その家で生活する人に合わせて
工事をするので、
 
住んでいる人にとっては
生活環境が良くなりますが、
 
その介護リフォームされた家を、
将来売却する場合、
 
意外と不人気になるケースもあります。
 
 
 
例えば、階段の昇降機は、
足が痛くなった親にとっては、
家の中の上下を行き来するのに
必要な設備ですが、
 
決して多くの人に
求められているものではありません。
 
 
 
自分が歩けなくなったときには
必要な設備ですが、
歩けるうちは、あるだけ邪魔です。
 
 
 
その家をいざ売ろうとしたとき、
買う側からすると、
その設備は今は必要ないため、
 
その撤去費用分も購入時の必要経費として
見積もらなければならない
場合もあり得ます。
 
 
 
また2世帯住宅などで、
介助用に全体的にゆとりがある間取りの家も、
 
新築した人には親の介助もしやすく、
多人数で暮らせる家で良いのですが、
 
いざ売るとなったら、
「無駄に広い」ということも良くあります。
 
 
 
要するに
 
介護リフォームされていたり、
介護仕様の家だったりすると、
 
必要のない機能や
無駄なスペースがあるため、
 
売る時のデメリットに
なってしまう
ということです。
 
 
 
今は少子高齢化で、
家族の人数や
ライフスタイルが変わってしまい、
家に求められるニーズも
親の時代とは変わってきました。
 
 
 
もちろん介護リフォームが
施されている家を
求めている人もいるでしょうが、
 
家を買おうとしている若い世代には、
決してニーズは多くはありません。
 
 
 
 
介護リフォームはこれからの時代、
もっともっと必要になってくる
とは思います。
 
 
介護リフォームされている家が
売りづらいと決めつけはしませんが、
 
 
相続したら、すぐ実家を売却すると
お考えでいるようなら、
 
リフォームを検討する段階で、
リフォーム前に売却するという選択肢も
検討されてみても良いかと思います。