【実家レンタル】「DIY賃貸」なら、「遠くの実家を貸す」のも安心です。

[`evernote` not found]

実家レンタルは、このブログで
度々ご紹介させていただいておりますが、
以下の3つの柱から成り立っています。
 
 
1、売却を前提とした賃貸活用
2、借主負担によるDIY賃貸借
3、期限を定めた定期借家契約
 
 
 
遠方の実家を貸すときは、
近くの人に貸して、
その貸した相手が入居者を管理する
「転貸借(又貸し)」
で貸す方法をご提案しましたが、
 
 
その転貸借での契約の内容は、
まさに、この3つの柱の二つめ
「DIY賃貸」になります。
 
 
 
なぜか?
 
 
 
それは遠方の実家は、ズバリ
 
「目が届かず、
 管理しきれない」
からです。
 
 
 
自分の近くの人に貸しても、

その貸した相手が、
又貸ししたとしても、
 
貸す実家が遠方にある以上は、
リアルタイムで完璧に
実家の状況を確認するのは、
やはり難しいことです。
 
 
 
であれば、
最初から借りる人の費用負担で、
借りる人の好きなように住んでもらえば、
管理する方も手間はかかりませんよね。
 
 
 
DIY賃貸は、
借りる人の好みで、
自由にお部屋をアレンジできる
賃貸契約なので、
 
 
そもそも目が届かない場所にある物件を
貸すのに最も適した契約の形なのです。
 
 
 
「だったら何も、又貸しでなく、
 実家を借りている入居者を
 管理すればいいんじゃない?」
 
という意見もあるでしょう。
 
 
 
もちろん、それはその通りです。
 
 
 
どんなときに、何をすればいいのか?
DIY賃貸の契約内容を理解して、
然るべき行動が取れるのなら、
それに越したことはありません。
 
 
 
しかしながら、
やはり直接の借り手が近くにいるのは、
実家を貸す側としては、
やはり安心できるのではないでしょうか?
 
ebf73f86f8378595bbe6de7760d99d53_t.jpeg
 
 
 
遠く、自分の目も、手も届かないところで、
何をやっているのかわからず不安でいるより、
 
何かあったときに、
借りている人にすぐ連絡が取れて、
「報告」・「連絡」・「相談」ができる方が、
 
自分の実家を貸す上では、
大変大きな安心感につながるものと
私は想います。
 
 
 
直接貸す人にも、又貸しで貸す人にも、
同じ「DIY賃貸」で貸せば、
自分が、入居者を管理することと同じです。
 
 
 
「遠くの実家」を活用・管理する方法として、
「転貸借(又貸し)」での「DIY賃貸」は、
大きな選択肢の一つになりますよ。