【実家レンタル】遠方の実家を管理するのが大変なら、近くの人に借りてもらえばいいのです。

[`evernote` not found]

遠方の実家の管理について、
5回にわたりお伝えしてきましたが、
 
 
遠くに住んでいる入居者を管理するのは、
どんな形を取るにしても、
 
 
「自身の管理意識を
 強く持つこと」
と、
 
「必要に応じて、
 実家に近い賃貸管理業者などに
 依頼すること」
 
 
が必要です。
 
  
 
ただ、この考えの前提条件は、
 
入居者=借り手
 
であり、
借り手が遠くにいるから、諸々の不都合や
人の助けが必要になってくるのです。
 
 
 
この発想を変えて、
 
遠くの実家を借りている人が
自分の近くにいたら?
 
どうでしょうか。
 
 
 
借りる人が
実家をどう利用するかは別にして、
 
近くに借りる人がいれば、
会おうと思えば会えますし、
 
近況も聞きやすいので、
貸す方も安心して貸せると思いませんか?
 
 
 
「実家レンタル」で提唱している
空き家対策は、実はここが肝の部分で、
 
 
遠方の実家を、安心して貸す方法として、
 
近くの人に貸して、
借りた人が
遠方の実家に入居者をつける、
 
いわゆる
 
転貸借(又貸し)
 
をご提案しています。
 
7e99114163a1e93cad76f8790d0d58c7_t.jpeg
 
 
 
そうすることによって、
貸し手は近くにいる、
借り手を管理すれば良いので、
 
目が届きやすく、
実家の状況も確認しやすくなるという
考え方です。
 
 
 
とはいえ、
 
「実際に住んでいる人は
 遠くにいるんだから、
 
 遠くの人が借りているのと
 変わらないんじゃないの?」
 
と思う方も当然いると思います。
 
 
 
しかしながら、
こうした方が良い理由も実はあるのです。
 
その理由は次回お伝えしますね。