民泊のために、築50年の住宅へ、いくらまでお金をかけることができますか?

[`evernote` not found]

昨日は、
未登記の住宅では、民泊はできないことを、
お伝えしました。
 
 
 
民泊を行うために、
今から相続した住宅を
登記することはできるのですが、
費用と時間がかかってきます。
 
 
100㎡くらいの広さだと、
20万円くらいの費用と、
調査や手続きで1ヶ月くらいの時間は
見込まれますが、
 
この費用と時間をかける必要が
あるのかどうか?
考えるところではないでしょうか?
 
 
 
今回民泊を検討した住宅は
築50年近い、かなり古い建物です。
 
 
 
築50年とはいえ、
人からお金をいただいて
宿泊していただくわけですから、
最低限の設備や清掃は必要です。
 
174ae9f36ad8ab5c0a0fad423d9452f0_t.jpeg
※写真はイメージです。
 
 
 
クリーニングやリフォームにも
安く見積もって10万円程度は
かかってくると見込まれ、
 
前述の登記にかかる費用と合わせると、
民泊を行う上での初期費用が
30万〜40万と見込まれました。
 
 
その他、宿泊ごとにかかる
清掃費用や管理費などの
ランニングコストもかかりますから、
これらの費用も踏まえて、
民泊の計画は立てなければばりません。
 
 
 
ただ、これだけかかったとしても、
年間180日間までの営業日数と、
周辺の宿泊相場を考えれば、
1年間で十分回収が見込めるくらいの
初期費用の金額でした。
 
 
この初期費用を投じても、
無駄になることはないと思われますが、

あとは、
どこまで本気でやるかどうかの問題です。
 
 
 
例えば、以下のような
自身のライフプランに関わる
目的意識や期限を持てれば、

初期費用がある程度かかっても、
前向きに、民泊へ取り組むことが
できるのではないでしょうか?
 
 
◯ただ空き家にしていても、
 維持管理にお金がかかるだけだから、
 2年間だけ民泊をやって、
 かかったお金を回収して、
 そのあとが売却しよう。
 
 
◯あと3年すれば子供も学校を卒業するので、
 それまでは民泊で副収入をつくって、
 学費に当てよう。
 
 
◯あと4年で住宅ローンが終わるから、
 その間民泊で返済資金をつくって
 完済しよう。
 
 
 
民泊は事業ですから、
やるなら十分な準備をして、
本腰入れて取り組むべきです。
 
 
「実家が空いててもしょうがないから、
 とりあえずやってみるか?」

くらいの軽い気持ちで始めて、
十分な準備ができていないと、
 
収入が見込めないばかりか、
宿泊いただくお客様にも
不快な思いにさせてしまうことにも
なりかねません。
 
 
むしろクレームで、
余計なお金がかかってくることだって
十分あり得ます。
 
 
 
話は少し外れましたが、
築50年経つ未登記の住宅で
民泊で活かすためには、
費用と手間がかかってきますが、
 
民泊を行うことで、
自身のライフプランに
どんなメリット・デメリットがあるのかを
ぜひ考えてみて、

民泊を行うかどうか、

ご判断いただけたらと思います。