【空き家でグループホーム】クラウドファンディング成立しました。

[`evernote` not found]

先日このブログで、
空き家を障がい者グループホームに
活用するのに、
クラウドファンディングで
資金を集めている記事をお伝えしました。
 
 
↓こちらの記事です
 
◉空き家をグループホームで
 利用するのに、

 協力できる人・できない人
 http://jikka-akiya.com/?p=1943 
 
 
 
 
今月23日が募集期限でしたが、
見事に目標額を達成し、
プロジェクトが成立したそうです!
 
 
↓こちらがそのプロジェクト成立の記事です。

鳥取県岩美町初!
 パンの匂いが香る
 グループホームを
 立ち上げたい!
 https://readyfor.jp/projects/15505
 
ddd1862badc7d44598e765a94bb6c558_t.jpeg
 
 
 
 
クラウドファンディングでの資金調達も、
広く浸透してまいりましたが、
こうしたグループホーム立ち上げの
プロジェクトには、
私自身は初めて巡り会いました。
 
 
過去のクラウドファンデングの実績を見ると、
多くのグループホームに関わる
プロジェクトが成立していて、
正直なところ驚きました。
 
 
 
クラウドファンディングでの支援は、

遠く離れた地でも、
自分の想いを伝え、叶えられ、
大きな社会貢献できるのが、
 
最大の魅力ではないかと
私は想います。
 
 
 
私の肌感覚では、
まだまだグループホームの設立に
共感し、協力していただける人は
十分ではないと感じていますが、

こうした形での社会貢献という協力なら、
比較的取り組みやすく、
理解も得やすいのではないかと想います。

 
 
 
そしてグループホームは
今回のプロジェクトのように
空き家の有効活用にもつながります。
 
一定の利便性は必要ですが、
一般的な賃貸マンションやアパートのように、
都市部や駅近が第一優先ということでは
ありませんし、

むしろ、
駅から離れ、交通手段がないエリアで
必要な場合も多くあるくらいです。

 
都市部、地方問わず、
日本全国で必要とされる施設ですので、
空き家の活用としては、
大変有効な手段であると想います。
 
 
 
 
このプロジェクトで集まった資金で、
利用者・ご家族・地域の人たちに
愛され、喜ばれるグループホームを
立ち上げてほしい!

 
と想うと同時に、
 
このプロジェクトが
空き家活用の良き事例となって、
多くの人に伝わり、理解され
広まっていくことを、
切に願っています。