【実家レンタル】実家を売却して、どうせ税金がかかるなら、貸して収入を得ませんか?

[`evernote` not found]

売却にかかる税金のお話を
お伝えしてきましたが、

こうした税金を含めた
手取り金額の計算は
売却の相談がある都度行っており、

実家を本当に売却するかどうか?
の判断材料にしていただいております。

 
 
 
私が今賃貸管理させていただいている
地方にある身内の一戸建ても、
当初売却のご相談だったのですが、
手取り金額を計算したところ、
かなり少なくなってしまう状況でした。
 
 
当初売却のご依頼をいただいた際に、
手取り計算したところ、

契約書がなかったり、
登記がされていなかったりで、
取得費が売却金額の5%になるため、
やはり税金がかかることになりました。
(契約書があれば、税金はかからない
 可能性は十分あったのですが・・)

 
 
税金の他に、
解体費用の金額も大きく、
手取りの予定金額は
かなり低い金額となりました。
 
 
これがきっかけで、

「これしか手元に残らないのなら、
 そのまま貸して、
 賃貸収入を得た方がいいのでは?」

ということになり、
身内の古い一戸建てを
貸すことになりました。

 
 
募集活動を始めてからは、
それほど時間もかからず入居者が決まって、
賃貸収入が入ってくることになり、

結果、その一戸建てを
すぐに売却するよりも多い収入を
将来的に見込める状況になりました。

 
815427c641db0f33ac0301a21aefe362_t.jpeg
 
 
この物件のように、
売っても手元にほとんど残らない、
むしろ、足が出るような、
「売るに売れない」実家は
結構あると思います。

「維持管理するだけで、
 税金や維持費がかかってどうしよう。。。」

と悩むお声も、
メディアでもよく聞くお話です。

 
 
 
そうであれば、
実家を貸して、収入を得て、
維持費や税金にまわすことを
検討しても良いのではないでしょうか?
 
 
 
そもそも、
相続で取得した実家であれば、
購入費用はかからずに
取得していることでしょう。
 
 
不動産投資家のように、
投資目的で購入して、一定の収益をあげて、
投資費用を回収しなければならない状況
ではないわけですから、

相場よりも安く賃料を設定して、
募集することもできるはずです。

 
 
 
また貸すといっても、
普通の賃貸住宅だけではなく、
今は様々賃貸需要があります。

 
このブログでも紹介していますが、
民泊やグループホーム、店舗、倉庫、
オフィス、古民家カフェなど、
戸建賃貸であれば、
多様な賃貸の形があります。
 
 
 
「本当に貸せるの??」
とご心配される方もいらっしゃいますが、
仮に貸せなかったとしても、
リスクはないですよね。

 
現状維持で
維持管理費用はかかりますが、
不動産投資家のように
購入した金額の回収がないわけですから、

やってみて成果が見込めなければ
やめればいいだけです。

実家はそのままあるわけですから、
また活用方法を考えれば良いだけです。

 
 
 
売るにしても、貸すにしても、
要は行動しないと
結果はわからないということです。

もちろん、
戦略や事前の準備は必要ですが、
何も動かなければ
維持管理費と税金がかかるだけです。

 
 
少なくとも相続で資金を出さずに
不動産を取得できたのなら、
もっと積極的な活用の検討は
してもいいのではないかと
私は想います。