「実家の空き家対策」に取り組むまでの軌跡 その1〜私が不動産業界に入ったきっかけ〜

[`evernote` not found]

4月は入学・入社をはじめ、
新天地で新たな一歩を
踏み出す人が多い時期です。
 
 
新しい職場や様々なイベントなどで、
新人もベテランも、
自己紹介をする機会が多いことと思います。
 
 
私もこのブログを書きながら、
それとなく自分のことを伝えてきましたが、

振り返ってみると、
きちんと読者の方に
自己紹介をしたことがないのに
気づきました。

 
 
なので、
あらためて私が何者なのか?、
なぜ実家の空き家対策に取り組んでいるのか?

今日から3回にわたり、
自己紹介をしていきたいと想います。

(しつこい!と言わず、
 お付き合いくださいね。)

 
こちらのブログのプロフィールも
見てくださいね!
http://jikka-akiya.com/?page_id=10
 
 
 
まず生まれたのは、
1969年11月、現在48歳、
射手座のO型です。
 
3人兄弟の真ん中で、
結婚22年目のディンクス世帯です。
 
 
性格は真面目で、穏やかな方ですが、
ガラス職人の父の遺伝子を
モロに受け継いだようで、
頑固で短気な一面もあります。
 
 
出身は埼玉県新座市出身、
現在は東京都東村山市に住んでいます。
 
 
東村山というと、志村けんさんのおかげで、
全国に知れ渡った市ですが、

ジブリ映画「トトロの森」
のモデルとなった八国山があることも有名で、

他にも国宝 正福寺をはじめ
西武園競輪、西武園ゆうえんち、
日本エレキテル連合所縁の地と、
結構巷を賑わす話題が多いところです。
 
 
 
空き家関連の話題に少し触れますが、
平成25年の住宅土地統計調査では、

東村山市におけるその他の空き家
(売却用、賃貸用、別荘等利用以外の空き家)
の割合は、

東京都の市部26市の中では、
あきる野市についで2番目に多く、
約4件に1件(24、8%)が
放置空き家という調査結果でした。

 
 
↓ こちらの資料もご参照ください。

◉東村山市空き家実態状況布報告書https://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/kurashi/gomi/hozen/aboutakiya/kanjyu-akiya-houkoku.html
 
 
駅までの通勤経路や、
普段買い物に行く道すがらにも、
空き家は点在して目に付き、
東村山市の空き家の多さを
身近に実感しているところでもあります。
 
 
私のfacebook(細井久男)をみていると、
東村山の話題が多いのが目につくと思います。

これは地元だからということの他に、
東村山の地域の良さを知ってもらい、
そこから東村山への移住に繋げて、
東村山の空き家を減らしていこう!
という意図もあります。

言ってみれば、
空き家対策の一つの活動でもありますね。
 
 
 
話を自己紹介に戻します。
 
私は理科系の学科を卒業していますが、
父親がガラス職人だった影響で、
同じ学科の人はほとんどいかなかった、
建築の道に進みました。
 
 
現場監督を希望していった会社でしたが、
就職活動時の最終面接で、
当時の社長から
「まずはお客様の気持ちを知りなさい」
とのお言葉をいただき、
宅建の申込書を手渡されました。
 
eb81e25ae70dd79d7ade74b8899fa2ef_t.jpeg
 
 
この申込書が
私の不動産人生を歩むきっかけとなり、

いま振り返ると、
私の人生の大きな転機になった
瞬間でありました。

 
 
それから丸26年が過ぎ、
今もこの不動産を扱う志事を、
天職として全うしておりますが、
 
あの面接の時に
宅建の申し込み書を渡してくれた
当時の社長には、
多大に感謝している次第です。
 
 
 
そしてここから、
私の不動産人生が始まりました。
 
 
入社してから、
どんな仕事で、どんな経験をしてきたのか、
続きは明日お話ししますね。