空き家の実家はこんなところを検査されます。

[`evernote` not found]

昨日は
建物状況調査
(インスペクション)

を促す、新たな規定ができたことを
お伝えしました。
 
 
私もインスペクションは
業務の中で行っておりますが、
専門の検査を行うことで、
自分では気づかない
建物の詳細内容がわかってくるので、
とても安心できます。
 
 
報告書も、写真付きで、
一般の人が見てもわかりやすく
提示してくれるので、
古い中古住宅を
売る側も、購入する側も安心できます。
 
 
この四月からは、
そのインスペクションが、
不動産業者だけではなく、
一般の方にもより身近になってきます。
 
本日はそのインスペクションの内容について、
少し詳しくお伝えします。
 
0c486ea3563a953e3137794604c6fc89_t.jpeg
 
 
◉そもそもインスペクションとは何か?
 
>インスペクションとは、
「調査」「検査」などを意味する英単語ですが、
 住宅のインスペクションとは
 
「建築士等の資格を持つ専門の検査員が、
 第三者的な立場で、
 住宅の現状を調査・検査すること」
 
 をいいます。
 
 
◉住宅の調査・検査というのは、
 どういうものか?
 
>主に目視や動作確認、
 機器による計測などがあります。
 
 
◉どういったことを調査、検査するのか?
 
>主に以下のような内容です。
 
 依頼する内容によって異なりますが、
 ここでは15万件以上の
 豊富な検査実績を持つ
 ジャパンホームシールド株式会社による
 実施項目を例に挙げてみます。
 
 
◯構造上体力上主要な部分に係るもの
 
・外壁のひび割れ、欠損、はがれ、
 サッシの周囲の隙間、開閉不良

・バルコニーのひび割れ、劣化

・柱・梁の劣化

・土台のひび割れ、劣化

・基礎のひび割れ、劣化、欠損

・床の著しい沈み、傾斜
 
・壁の傾斜
 
 
◯雨水の侵入を防止する部分に係るもの

・内壁と天井の雨漏りの跡
 
・小屋裏の劣化状況の確認
 
・屋根のひび割れ、劣化、はがれ
 
・軒裏シーリング材の破断、欠損
 
・軒裏天井の雨漏りの跡
 
 
◯給排水路管路
 
 
◯シロアリ検査
 
 
 
私もこれらの検査項目は
報告していただいておりますが、

住宅を維持管理をしていく上で、
的確に重要なところを見ていただけます。
 
 
これらの内容は、
空き家の実家を売るとき、貸すときには、
是非伝えておいた方が良いですね。
 
 
広く建物の情報を提供する方が、
利用する人も安心できますし、
今後のリフォームや
メンテナンスの計画が立てやすい
ですよね。

また情報開示することで
物件の信頼性も増しますから、
結果、空き家の実家も売りやすく、
借りやすくなってくる効果も
期待できます。

 
 
費用も数万円程度でできますので、
売却金額や賃料と比較しても、
決して大きな負担にはならない金額です。
 
このインスペクションを促す取り組みは
今後一層広まってくると想われます。
 
空き家の実家を売りたい、貸したいと
お考えであれば、
是非インスペクションを行うことを
お勧めします。