周囲に迷惑がかからない「空き家管理」の基本

[`evernote` not found]

平成29年度も最後の月となり、
4月からは平成30年度の
新しい生活が始まることと想います。

 

人の異動が多いこの時期は、
1年の中で不動産が
最も動く時期でもあります。

 

就職や転勤で住む場所が
変わる人も多いでしょう。

それに伴い、
実家を空き家にしなければならない
事情の人もいるかと思います。

 

様々なメディアで、
空き家管理については、
周囲に迷惑がかからないように、
注意が促されています。

 

今一度、
空き家管理のポイントを理解して、
適切な維持管理ができるように
心がけたいものです。

f3452ae80594ba6f98c6b2157acba756_s.jpg

 

私が住んでいる東京都東村山市では、
「空き家問題」について、
分かりやすいチラシを作成しています。

こちらです→http://bit.ly/2oHyycQ

 

ここに空き家管理の
基本的なポイントが記載されていますので、
内容をシェアしますね。

※以下、チラシの内容を一部抜粋します。

見やすいチラシなので、
ダウンロードしておくと
良いかと思います。

 

◯適切な管理とは?

・定期的に庭木のせん定や
 雑草の除草を行う。

・屋根、壁、窓ガラス、ドアなどに
 破損がある場合は、
 修繕(ベニヤ版で塞ぐなど)をする。

・定期的に窓を開けて風を通したり、
 蛇口の通水や排水口に水を流す。

・施錠を行う。

・ポスト、玄関等にある
 郵便物やチラシ等を回収する。

・敷地内に可燃物、灯油、ガスボンベなど、
 物を置いたままにせず、
 清掃と整頓を行うようにする。

・夏季はスズメバチ等が
 巣を作ることがあるので、
 建物や庭木などに巣を見つけた場合は、
 専門業者に依頼して、
 除去するなどの対応をする。

 

◯管理が難しいときは、
 管理サービスを行っている会社へ
 管理をお願いする方法もあります。

 

◯所有者等と
 空き家の近隣にお住まいの方との間で
 連絡先の交換をしましょう。

 

言われてみれば、
当たり前のことばかりかもしれませんが、
この基本的な日常動作だけでも、
周囲に迷惑がかからない、
十分に適切な、空き家管理になります。

 

これから実家が空き家になる人、
すでに実家が空き家になっている人も、
今一度基本を見直して、
適切な空き家管理に努めましょう。