実家の空き家対策に、有効・有益な「DIY賃貸」

[`evernote` not found]

実家の空き家対策で活用できる
「DIY賃貸」について、
お伝えしていきます。

 

国土交通省から発刊されています、
下記ガイドブックもご参照ください。

◉個人住宅の
 賃貸活用ガイドブック

http://www.mlit.go.jp/common/001039342.pdf

◉DIY型賃貸借のすすめ
http://www.mlit.go.jp/common/001127624.pdf

 

まずそもそも「DIY」とは何か?

「DIY」とはdo it youselfの略語で、
一般的には自らの手で日曜大工等を
行うことですが、

ここでのDIY工事とは、
専門業者に頼んで行う工事も含みます。
(DIY型賃貸借のすすめより抜粋)

 

「DIY賃貸」とは、
自分の好みのお部屋や
家に住みたいという

借り手のニーズを、
DIYで可能にする
賃貸の形です

 

また国土交通省では「DIY賃貸借」を

「工事費用の負担者が誰かに関わらず、
 借主の意向を反映して住宅の改修を
 行うことができる賃貸借契約やその物件」

と定義しています。
(DIY型賃貸借のすすめより抜粋)

注:このメルマガでは、
国土交通省が定義する「DIY賃貸借」を
「DIY賃貸」と呼んでいます。

8ecb323b0632f3aa0a24dc27ab80781c_s.jpg

 

それでは、
「実家の空き家対策」における
「DIY賃貸」とは、どういうものなのか?

 

これは、

「実家を貸す時に、
 借り手の好みや
 希望を反映して、

 実家のリフォーム工事を
 行うことが
できる
 賃貸借契約」

ということができます。

 

その中でも、私が提唱する
「実家レンタル」では、
「DIY賃貸」を、

「いずれ売却する実家を、
 借り手の費用負担で
 借り手の好きなように
 リフォームできる
 賃貸借契約」

と定義づけています。

 

つまり、

「いずれ売るのだから、
 借りる人の
 好きにしていいですよ」

という考え方です。

 

実家の空き家対策の大きな目的は、
以下の2点です。

◯誰も住まない空き家を、
 周囲に迷惑がかかる
 空き家にしないこと。

◯相続した財産を、
 有効に活用して、

 ライフプランの実現を
 図ること。

 

誰かに貸して住んでもらうことで、
迷惑空き家を回避し、

賃貸活用することで、
収入を得ることができるという
メリットがあります。

 

多様化する現在のライフスタイルには、
住宅は大いに関係してきます。

実家を迷惑空き家にせず、
多様化する時代のニーズに応えながら、
有効有益な実家の活用とすることを
「DIY賃貸」では実現させることが
可能なのです。

 

次回は、DIY賃貸で
「DIYできる範囲と方法」について、
お伝えしますね。