実家の幸せな終わらせ方

[`evernote` not found]

昭和42年築の
古い一戸建ての事例の最後に、
今後売却について考えてみます。

【埼玉県所沢市
 昭和42年築空き家

 賃貸活用事例のご紹介】
→ http://jikka-akiya.com/?p=1720

 

・近所からの苦情
・売れなかった理由
・DIY賃貸による賃貸活用
・入居者の声
・今後売却するにあたり
 →今日はここ

 

今後の売却するときがきたら、
売却資金を何に利用されたいか
お聞きしましたところ、

・子供の教育費
・老後の蓄え
・旅行資金

とのご回答をいただきました。

売却の根本的な理由は
「もう住まいないし、利用しないから」
ですが、

当初から少なからず
売却したい理由の中にこれらの希望は
あったとは想います。

しかしそれと同等以上に
草や猫や火事の心配も
売却理由にあったのかとも察します。

 

見方を変えて、
時系列で見るとこんな感じに
なるのではないでしょうか?

 

・草・猫・火事の心配で
 売りたい気持ちが大きい。
 ↓
・貸して、心配事がなくなった。
 毎月、定期的な収入がある。
 実家が売りやすい状況になった。
 ↓
・いずれ売却したら、
 その資金で将来の幸せのために
 お金を使いたい。

 

生まれ育った実家を売却するにあたって、
だんだん心配事がなくなり、
自身や家族のライフプランや夢を
考える余裕が出てくるようになり、

迷惑回避から
ライフプランの実現へ、

売却理由が変わってきている

ようにも私は感じます。

 

親が残してくれた実家という財産を、
自分のライフプランを
実現するために利用できることは、
最高の親孝行ではないでしょうか?

 

例え自分が住むことはなくても、
最後の最後まで住む人がいてくれて、
実家も大往生で売却できるような
気持ちにもなるのではないでしょうか?

 

実家が空き家になる大きな理由に一つに、
「想い入れ」があることを
このブログでも掲載させて
いただいたことがありますが、

こういった最後まで大事に
実家を利用させてもらったという
「想い入れのしまい方」
もあって良いかと私は想います。

deb6a8070186d5bf39cba1346e70e9dc_s.jpg

 

そして、それが日本の空き家の増加を
止める一歩にも繋がり、広い目でみれば
日本の未来の幸せに一歩近づくようにも
感じます。

 

実家の将来をマイナスな気持ちで考えず、
自身のライフプランの実現のためと
ポジティブに捉えることも、

実家の空き家対策には
大切な要因の一つになるのではないか
と私は想います。