「4年間」実家が売れなかった理由

[`evernote` not found]

前回に引き続き、
空き家の賃貸事例を紐解いていきます。

 

「埼玉県所沢市 築42年築空き家 
 賃貸事例の紹介」
→ http://jikka-akiya.com/?p=1720

 

近所からの苦情
売れなかった理由→今日はここ
DIY賃貸による賃貸活用
入居者の声
今後売却するにあたり

オーナー様とお付き合いは、
空き家のご実家を売却したいとの
ご依頼からスタートしました。

 

このご実家は、
全部で70坪(約230㎡)ある
広い敷地なのですが、いわゆる旗竿地で、
道路から通路の様な敷地を通って、
中の広い土地に辿り着く土地の形状でした。

 

この物件は、売却するのに
次の様なデメリットを抱えていました。

 

・立地・利便性が良い土地ではあるが、
 土地が広いため、土地単価が相場でも
 売買金額が大きくなる。
 (購入者層が少ない)

・アパートが建てられない。
 収益目的に利用が難しい。
 (アパートが建てられる基準を
  満たした土地ではない)

・敷地の通路部分で、
 隣の人と通行権をめぐる問題があった。

 

さらに建物の解体費や
上下水道などの設備工事費用など、
土地価格のほかにかかる費用もあり、
売却活動は難航しました。

d011318941c5060f2d171d39b3891fb6_s.jpg

 

また売却活動が進まなかったのは、
物件の状況だけが理由ではありません。

本物件に関わる人たちの諸々の事情もあり、
売却活動したくても
できなかった時期もありました。

 

そういった状況の中で、
あらためて売却活動を
再開できる様になったのが、
最初にお会いしてから
4年が過ぎた頃でした。

 

売却を再開してからしばらくして、
別件で賃貸物件を探したいとの
依頼が入ってきました。

 

エリアは所沢や東村山周辺で、
戸建で自由に利用できる物件
というリクエストでした。

 

この依頼が、のちに
昭和42年の古い実家を
賃貸活用するきっかけになったのです。

 

明日に続きます。