安心して「壊す」解体業者の選び方

[`evernote` not found]

空き家の話題になると、
結構で出てくる「解体」という言葉。

 

古く老朽化した家は、
解体して、建物を壊して、更地にして、
売ったり、貸したり、建て替えたりと、
次のステップに進むことになります。

f17c41c6069b74020a79f38a1573c3c7_s.jpg

 

この建物を解体する解体業者も、
もちろんインターネットで
探すことはできますが、

解体業者は
不動産業者やハウスメーカーと繋がっている
ことが多い(というかほとんど)ので、
そこから紹介してもらうのが
多いケースだと思います。

 

やはり想い入れのある
実家であり、財産ですから、
全く知らない人に機械的に壊されるのも、
少なからず、心配にはなるでしょう。

近隣への配慮や工程なども重要ですので、
信頼できる人や
実際に依頼したことのある不動産業者
などからの紹介で、
解体業者に依頼するのが良いでしょう。

 

解体業者も、測量業者と同様に、
隣地の人と接する機会があります。

解体工事前には、
隣地や周囲の人へ挨拶は行きますので、
その時にご近所から出てくる
お話もあります。

 

日中大きな音と埃を出して
(ちゃんと飛ばないようにはしていますが)
作業をするわけですので、

ご近所からのクレームや不快な意見も
少なからず出てくることもありますが、

それがきっかけで
隣人の人柄や生活状況などを
垣間見ることになり、
実家の近所の人の状況を知る機会
にもなります。

 

解体作業は、
実家をどうしようか決めた後に
行う作業なので、

「実家をどうしようか?」と
迷っている段階で、
解体業者に相談することは
ほとんどありません。

しかしながら、
一度壊したら元には戻せませんので、
どの解体業者に依頼するかは
大切なことです。

 

一家の、一族の決意として、
家を壊すことになるので、
安心して任せられる解体業者に
お任せしたいですね。